ウイスキーとサステナビリティ:ブルックラディの挑戦【PR TIMES】

2023年8月30日、アイラ島のブルックラディ蒸留所は、アイラ・シングルモルト「ザ・クラシック・ラディ」のボトルを環境に優しい方法で再設計しました。この新しい取り組みによりボトルを軽量化。結果として、CO2排出量を65%削減しました。

新デザインのボトルは、化粧缶を廃止して平均で60%のリサイクルガラスを使用したことで、従来のボトルより32%も軽量化。軽量化された新しいボトルにより、輸送の効率が向上し、輸送用車両の数も削減されました。これは、アイラ島から182台の車が消えたときの削減量と同等です。これにより、CO2総排出量を65%も削減することが可能となりました。

新しいボトルは特許を取得し、ブルックラディ独自のデザインが施され、オーガニックインクとバイオ原料のキャップとコルクを使用しています。ブルックラディ蒸留所は、ウイスキー業界の枠を超えて環境持続性に取り組んでおり、「ザ・クラシック・ラディ」の化粧缶の製造を完全に中止しています。

CEOのダグラス・テイラーは、新しいボトルデザインがブランドの進化を象徴し、サステナビリティに基づく企業活動の変革をもたらすと述べました。「ザ・クラシック・ラディ」は、ブルックラディの代表的なシングルモルトで、アイラ島での一貫した製造プロセスと、蒸留所の価値観が反映されています。

2023年9月1日(金)「PR TIMES」
サステナビリティを重視するブルックラディ蒸留所が「ザ・クラシック・ラディ」のパッケージを刷新
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000228.000016452.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次