ジャパニーズウイスキー価格、ついに下落の兆し?その背景と今後の市場動向を徹底解説!

whiskey

近年、ジャパニーズウイスキーは世界的な評価を受け、価格が急騰し続けてきましたが、今後は下落の兆しが見られるとの観測も出ています。本記事では、ジャパニーズウイスキーの価格下落についてご紹介し、その原因や今後の市場動向についても探ります。高騰により手が届かなかったウイスキーが再び身近な存在となる可能性がありますので、ウイスキーファンにとっては見逃せない情報です。

目次

1. ジャパニーズウイスキーの高騰背景

Japanese Whisky

ジャパニーズウイスキーの高騰の背景には、いくつかの要素があります。まず、サントリーやニッカのウイスキーが国際的な賞を相次いで受賞したことが大きな要因となります。これにより、ジャパニーズウイスキーは世界的な注目を浴びるようになりました。

また、ジャパニーズウイスキーの生産量が限られていることも高騰の一因です。ウイスキーの熟成には時間がかかるため、生産量を増やすことが容易ではありません。さらに、ジャパニーズウイスキーの特定の銘柄が品薄であることも価格の上昇を招いた要因です。

ジャパニーズウイスキーの高騰は個別の銘柄によって異なりますが、一部のシングルモルトウイスキーでは発売当初の価格と比べて10倍以上の値段で取引されているものもあります。

これらの要因により、ジャパニーズウイスキーは希少性と人気を兼ね備えたプレミアムな存在となりました。それにより、価格が高騰し、入手が困難な銘柄も増えてきています。

ジャパニーズウイスキーの高騰は今後も続くと予測されます。そのため、高騰している銘柄を手に入れるためには早めの行動が重要です。

2. 国産ウイスキーの品薄と経緯

whiskey

国産ウイスキーが品薄状態になった理由やその経緯は、1980年代から1990年代にかけての期間にさかのぼります。当時、国産ウイスキーの消費量は低迷しており、蒸留所は生産量を減らすことを余儀なくされました。その結果、熟成させる原酒の量が減少し、品薄状態が生まれました。

2.1 消費量の低迷と蒸留所の減産

1980年代から1990年代にかけての国内のウイスキー消費量は低下していました。これにより、国内の蒸留所は生産量を減らすことを余儀なくされました。この減産により、熟成させる原酒の供給量が減少しました。

2.2 ウイスキーブームと供給不足の加速

2010年頃から、ウイスキーの人気が急上昇しました。サントリーがハイボールという飲み方を主軸にマーケティングを展開し、その効果もあり、ウイスキー消費量が増加しました。さらに、2014年には連続テレビ小説「マッサン」の放送でウイスキーブームが到来しました。

その後、ジャパニーズウイスキーは世界的にも評価され始め、需要が急増しました。特に、ミズナラ樽での熟成が施されたジャパニーズウイスキーは、スコッチウイスキーにはない独自の香りが魅力とされ、世界中のウイスキー愛好家に人気を博しました。

しかしこれにより、国内外からの需要が一気に増え、供給不足の状況が加速しました。さらに、以前に減産したことから、蒸留所のストックもほとんど残っていませんでした。

2.3 品薄の状況と入手困難な銘柄

上記の要因が重なり、国産ウイスキーは品薄状態となりました。現在では入手困難な国産ウイスキーも多く存在し、オンラインショッピングでも在庫が限られ、価格が高騰しています。デパートや酒店での販売も減少しており、国産ウイスキーを見かける機会が減っています。

2.4 生産量の増加への取り組みと今後の展望

ウイスキー業界全体では、生産量の増加に取り組んでいます。しかし、ウイスキーの熟成には時間がかかるため、現在の品薄・高騰の状況はしばらく続くと予想されます。将来的には山崎などの高級ブランドにおいて改善が期待されますが、まずは基本的なヴィンテージである12年物の供給が改善されることが望まれています。

国産ウイスキーを手に入れる方法としては、プレミア価格での購入やバーでの飲みに行くことが現実的な手段となります。しかし、入手困難な銘柄も多いため、事前に調査や確認を行うことが重要です。

以上が国産ウイスキーの品薄状態とその経緯についての概要です。

3. サントリー山崎蒸溜所の100周年

whiskey distillery

2023年は、日本で本格的なウイスキーづくりが始まってからちょうど100年目の節目となります。日本で初めて本格的なウイスキーの製造を始めたサントリーは、1923年に創業者の鳥井信治郎が山崎蒸留所の建設を開始しました。この山崎蒸留所は、第二次世界大戦の戦火を逃れ、現在も同じ場所で事業を継続しています。

サントリー山崎蒸溜所の見学ツアー

2023年に山崎蒸溜所は100周年を迎え、それに合わせてリニューアルが行われました。約100億円の資金を投じ、山崎蒸溜所と白州蒸溜所が改修されました。これにより、以前は見学できなかったエリアにも入ることができるようになり、特別な内装やインテリアが設置されました。

リニューアルされた山崎蒸溜所の見学ツアー

リニューアルされた山崎蒸溜所では、2つの見学ツアーが開催されています。ツアーの種類は以下の通りです。

  1. 山崎蒸溜所ものづくりツアー: 3000円
  2. 山崎蒸溜所ものづくりツアープレステージ: 1万円

どちらのツアーも異なる内容で、蒸溜器を再利用したテイスティングラウンジや発酵室などを見ることができます。

改修された蒸溜所内部

蒸溜所内部の改修ポイントを紹介します。

  1. テイスティングラウンジ
  2. 発酵室
  3. 貯蔵庫

改修された貯蔵庫には約2000樽の貯蔵樽が眠っており、樽板の絵柄も描き直されました。貯蔵量は非公開ですが、増設によって貯蔵能力は10年前から6割増加しました。

サントリー山崎蒸溜所の100周年を迎えて

2023年の山崎蒸溜所の100周年は、記念すべき年となるでしょう。リニューアルされた蒸溜所の見学ツアーは、多くの人々にとって貴重な体験となることでしょう。長い歴史の中でサントリーは真摯にものづくりを続けてきました。今後もスロームービングなウイスキーづくりを続けていくでしょう。

4. 2023年の国産ウイスキー価格予想

whiskey

2023年は国産ウイスキー市場においても高騰が加速すると予想されています。以下に、2023年に値上がりしそうな国産ウイスキーとその特徴をまとめています。

  1. サントリー山崎25年
    – 2022年に価格が一時的に下落しましたが、中国市場において価格の変動が見られます。
    – 高い評価を受けたことや原酒不足による希少性から、価格が高騰しています。
    – 2023年の価格予想:400,000~550,000円
  2. 竹鶴25年
    – ブレンデッドウイスキーに対する需要から生まれたシングルモルトウイスキーです。
    – 価格は過去数年間で上昇していますが、サントリーのウイスキーと比較すると値上がり幅は大きくありません。
    – 2023年の価格予想:170,000~200,000円
  3. 余市20年
    – ニッカウヰスキーの代表的な銘柄であり、北海道余市蒸留所で生産されています。
    – 価格は過去数年間で上昇していましたが、終売しているため現在は市場に出回っていません。
    – 2023年の価格予想:販売終了

これらのウイスキーは、人気や希少性によって高騰していることが特徴です。ただし、価格予想は管理人の直感に基づいており、保証するものではありません。投資目的での購入や売買においては、注意が必要です。

国産ウイスキー市場は引き続き需要の高まりと原酒不足による品薄状態が続いています。このため、2023年においても価格の高騰が予想されます。ウイスキー愛好家や投資家にとっては、今後の市場の動向に注目が集まるでしょう。

5. 山崎を手に入れる方法

whiskey

山崎を手に入れるための方法は以下の3つです。

オンラインショッピング・ネットオークション

オンラインショッピングやネットオークションを利用すると、山崎を含む国産ウイスキーを手に入れることができます。ただし、現在の品薄状況を考慮すると、割高になるかもしれませんが、山崎はまだ販売中止にはなっていないため、定価で購入することもできます。ただし、安い価格で販売されている山崎を見つけるには労力が必要です。

酒店

酒店でも一部の山崎のボトルが販売されていることがあります。ただし、酒店を回ることが困難であり、特定の銘柄によってはプレミア価格以上の値段になることもあります。しかし、大都市から離れた場所に住んでいる場合は、近くの酒店に山崎が売られている可能性もあるため、自分にとってアクセスしやすい酒店を探してみる価値があります。

ふるさと納税

山崎は大阪府島本町のふるさと納税の返礼品として提供されています。つまり、島本町へふるさと納税を行えば、節税をしながら山崎を手に入れることができます。ただし、ふるさと納税は非常に人気があり競争率が高いため、手に入れるのは難しいかもしれません。

以上の方法を利用することで、山崎を手に入れることができます。ただし、現在の供給不足や高騰した相場を考慮すると、手に入れるまでには労力や費用がかかる場合があります。また、購入方法によってはプレミア価格での取引となることもあります。

まとめ

国産ウイスキー市場における高騰が続く中、ジャパニーズウイスキーの価格は上がり続けています。特に人気銘柄であるサントリー山崎や竹鶴、余市は入手困難な状況が続いています。しかし、2023年にはサントリー山崎蒸溜所の100周年が迎えられ、リニューアルされた蒸溜所の見学ツアーも開催される予定です。また、オンラインショッピングや酒店、ふるさと納税などを利用することで山崎を手に入れる方法もあります。しかし、供給不足や価格の高騰を考慮すると、手に入れるまでには労力や費用がかかることもあります。ジャパニーズウイスキーの市場は今後も注目が集まりますが、個々の銘柄によって価格や入手難易度が異なるため、注意が必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次