ウイスキーの旅:スコッチウイスキーの世界【地球の歩き方】

スコッチウイスキーは、世界中で愛されるウイスキーの一種であり、特に日本では世界5大ウイスキーに数えられるほどです。イギリスの最北端、スコットランドで製造されるこのウイスキーは、モルト(二条大麦を水に浸して発芽させた大麦麦芽)を蒸留発酵させ、樽で三年以上熟成させたものを基本としています。ブレンドウイスキーにも展開されていますが、スコッチウイスキーといえば「シングルモルトウイスキー」が特に有名です。このシングルモルトは、一種類のモルトと水だけを使用し、それぞれの産地や熟成方法によって個々の特徴が生まれます。

その豊かなバリエーションがスコッチウイスキーファンたちを魅了し、シングルモルトの利きウイスキーのためにスコットランドを旅する人々も少なくありません。筆者自身もスコッチウイスキーの大ファンで、自宅にスコッチウイスキーマップを飾り、試したウイスキーをマークし、評価を書き込むほどの熱中ぶりです。今回は個別の銘柄ではなく、スコッチウイスキー全体の歴史や産地の特徴について触れていきたいと思います。

スコッチウイスキーの起源については、1169年のアイルランド説と1494年のスコットランド説があります。前者はイングランドがアイルランドに出兵した際、ウイスキーが既に飲まれていたという説ですが、確固とした証拠は残されていません。一方で後者は、1494年にスコットランド王室でウイスキーが製造されたという記録が存在し、これが現在最も古いウイスキー製造の記録とされています。この事実により、スコットランドがウイスキー発祥の地とされています。

なお、スコッチウイスキーには多くの著名な蒸留所が存在します。グレンフィディック、マッカラン、タリスカーなど、その名を挙げればキリがありません。それぞれの蒸留所は自らの地域特性や製法を活かし、独自のウイスキーを造り出しています。それらの特色あるウイスキーを楽しむことは、まさにスコットランドを旅するようなものです。

2023年7月23日(日)「地球の歩き方」
【スコットランド】スコッチウイスキー
https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3003072/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次