ウイスキー市場の動向と将来の展望【NEWSCAST】

モルトウイスキー市場は2021年に約43億米ドルで評価され、2022年から2029年の間には年間成長率4.7%以上で成長が見込まれています。

モルトウイスキーは大麦麦芽を主成分にし、製造過程で使用する穀物や樽の種類、生産地によって様々な種類のウイスキーが存在するのが特徴です。市場の成長を牽引しているのは、アルコール飲料の消費増、醸造所やパブの増加、そして大手プレイヤーの戦略的な取り組みです。

2022年時点の世界のアルコール飲料市場の収益は1兆4,840億米ドルと推定され、これは2025年までに毎年10.01%の割合で拡大し、2025年末には1,806億米ドルに到達すると見られています。しかしながら、アルコールの流通と販売に対する政府の厳格な規制が市場の成長を阻む要素となっています。

地域別の市場動向を見ると、アジア太平洋地域がリーダー的な役割を果たしており、特に日本やインドなどの国々におけるウイスキーの高い消費量と、大手市場プレイヤーの浸透が収益を押し上げています。それに対して、欧州は予測期間中に最も速いペースで成長するとされています。

主要な市場プレイヤーとしては、アサヒグループホールディングス、ディアジオ・ピーエルシー、ペルノ・リカールなどが名前を連ねています。2021年にペルノ・リカールがウイスキー・エクスチェンジの親会社を買収し、2022年にはディエゴ・インディアが地元産の職人技を駆使したウイスキー「ゴダワン シングルモルト」をインド市場に投入すると発表しています。

ウイスキー市場は、アジア太平洋地域や欧州など、世界各地で拡大の一途を辿っています。世界的なウイスキーブームがこれに寄与しており、消費者がウイスキーの品質や製造工程について理解を深める中で、モルトウイスキーなどの特定のカテゴリーへの需要が増しています。市場の成長を後押ししているのは、製造工程の革新、新しいブランドの登場、そして消費者の味覚の変化です。世界のウイスキー市場には、さらなる成長を期待できるでしょう。

2023年7月21日(金)「NEWSCAST」
モルトウイスキー市場規模は2029年までに62.1億米ドルに達する見込み
https://newscast.jp/news/4675790

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次