ウイスキー需要高まる: 山崎蒸留所の100周年【KENMIN SOUKO】

日本最古のウイスキー蒸留所である山崎蒸留所が創立100周年を迎える一方、日本の熟成ウイスキーの価格は高騰しています。これは需要の増加と慢性的な供給不足によるもので、海外からの需要も大きい要因です。ウイスキーはバーなどでの需要も増加していますが、高価格と供給不足の問題は依然として存在します。

山崎蒸留所は良質な水源と特別な銅製蒸留器を活用し、日本人の口に合うウイスキーを製造してきました。その品質は全国約100の蒸留所中でも高く評価されています。

しかし、ウイスキーの現在の成功は過去の消費低迷を反映しておらず、2000年代初頭に国際賞を受賞したニッカウヰスキーの「余市10」と「山崎12」、そして映画で紹介されたサントリーの「響17」によりウイスキー人気が再燃しました。さらにハイボールの人気再燃やテレビドラマの影響により、国内外からの需要が増加しました。

しかし、ウイスキー生産は何十年も先を見据えた計画が必要で、その急激なブームの到来は企業にとっては早すぎるものでした。そのため、現在も高騰する価格と供給不足の問題が続いていますが、昨年の輸出額は10年前の14倍の560億ドルに増加し、売上高は伸び続けています。今後は、ウイスキー業界の動向と、それに対する各蒸留所の対応が注目されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次