エンペラドール社のウイスキー事業の拡大【Barrel】

エンペラドールの子会社であるホワイト&マッカイは、グレーンウイスキー蒸溜所、インバーゴードンの設置面積を今回の巨大な拡張計画により、驚異的な2倍に拡大させると発表しました。この拡張により、現在の45.4ヘクタールから92ヘクタールにまで増加する敷地面積は、さながらウイスキーの未来に向けた輝かしい展望を映し出すような偉業です。インバーゴードン蒸溜所の拡張は、グレーンウイスキー市場の高まる需要に対応するだけでなく、エンペラドールグループのスコッチウイスキー事業の成長戦略の一環として展望されています。この世界的な要求を満たすために、さらに驚くべき150万樽のグレーンウイスキーを収容できるようになることは、ウイスキー業界にとって一つの歴史的な転機となることでしょう。

エンペラドールのスコットランドの5つの蒸留所の中でも、インバーゴードン蒸溜所のこの巨大な拡張は、ウイスキーにとって非常に長期的な計画が必要なビジネスであることを象徴しています。この計画は単なる数年の間だけでなく、将来の数十年にわたってエンペラドールの目標を真に反映しているものとして認識されています。エンペラドールのCEOであるブライアン・ドナギー氏は、「この敷地の拡張は、現代だけでなく将来に渡る成長を追求する我々のコミットメントの一部であり、世界的なウイスキー需要の高まりに応える重要なステップなのです」と語りました。また、彼はエンペラドールグループが継続的な発展を遂げるために、他の蒸留所の拡張に関する計画も着実に進行中であることを強調しました。ウイスキー部門は2020年から2022年の期間に18%の年間平均成長率(CAGR)で売上を増加させているエンペラドールグループは、グレーンウイスキー市場の激動するニーズに応えるため、2022年5月にダルモア蒸溜所を拡張する計画を申請するなど、戦略的な改革に精力的に取り組んでいます。

エンペラドールのスコットランド蒸留所の取り組みは、ウイスキー産業全体に持続可能な未来を創造するための一つの先駆け的な模範事例として見られ、世界のウイスキーラヴァーにとっては喜ばしい光景となっています。インバーゴードン蒸溜所の巨大な拡張が、スコッチウイスキーの栄光ある歴史を更に輝かせ、未来に向けて偉大な飛躍を遂げることでしょう。長期熟成の個性豊かなグレーンウイスキーを世界中に届けるエンペラドールの努力は、ウイスキー愛好家にとって待ち望まれるものとなっており、彼らの情熱と情熱的な未来へのコミットメントがうかがえます。

2023年7月22日(土)「Barrel」
巨大なインバーゴードンがもっと巨大に
https://www.barrel365.com/n2307222/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次