キングスバーンズ:ウイスキー蒸留所の魅力【地球の歩き方】

ゴルフの聖地セントアンドリュースから8マイルの距離に位置するキングスバーンズには、美しいビーチや歴史的なリンクスコース、キングスバーンズゴルフリンクスがあります。2014年には、このゴルフコースの隣にファイフ地方産の材料を使用したスコッチウイスキーの蒸留所が開設されました。このウイスキー蒸留所は、ゴルフの聖地の近くにあるため、世界中のゴルファーたちに人気があります。ファイフ地方在住の筆者は、スコッチウイスキーファンとして、このキングスバーンズ蒸留所を訪問しました。

キングスバーンズ蒸留所の歴史は、2014年に始まります。当時、ファイフ地方にはほとんどスコッチウイスキーの蒸留所が存在しなかったため、ゴルファーたちが気軽に訪れることができる蒸留所の需要が高まっていました。キングスバーンズゴルフリンクスのキャディーたちは、ゴルファーたちからウイスキーの蒸留所についての質問を受け、そのニーズに応えるために蒸留所の設立を決意しました。資産家のウェイミス家が資金を提供し、1800年に建てられた石造りのファームハウスを改装して蒸留所として使用しました。

ビジターセンターでは、ウイスキーツアーが随時開催されており、ウイスキーやジンのテイスティングも楽しむことができます。筆者は、4種類のウイスキーと1種類のジンをテイスティングしました。特に、バーボン樽と赤ワイン樽で熟成されたウイスキーや、シェリー樽で熟成されたウイスキー、ピートで香り付けされたウイスキーなど、様々な種類のウイスキーを味わうことができました。また、ブレンディッドウイスキーには、蒸留所で製造されている蜂蜜が加えられており、甘くて飲みやすい味わいが特徴です。

蒸留所内には、カフェやショップも併設されており、地ビールやウイスキー、ジンなどのアルコールを楽しむことができます。また、オリジナルのグッズや、スコッチウィスキーグラスのミニバージョンなど、ユニークな商品も取り扱っています。

キングスバーンズ蒸留所は、清潔でスタッフも親切で、ファイフ地方の地ウィスキーを十分に味わうことができる場所です。運転手が試飲できないのは残念ですが、ショップやカフェを訪れるだけでも楽しむことができます。スコットランドのファイフ地方を訪れる際には、ぜひキングスバーンズ蒸留所を訪れてみてください。

2023年9月3日(日)「地球の歩き方」
【スコットランド】ファイフ地方のスコッチウイスキー蒸留所「キングスバーンズ蒸留所(Kingsbarns Distilleries)」 
https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3003301/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次