アジア圏でのスコッチウイスキー市場拡大【HeraldScotland】

スコッチウイスキーの蒸留所であるChivas Brothersは、極東でのスコッチウイスキーの人気が増していることを示すデータを提供しました。このDumbartonに拠点を置く蒸留所は、アジアにおける売上が前年比21%増となり、特にインド、韓国、大中華圏での成果が目立っていると報告しています。

Chivas Brothersのブランド、例えば高級ブレンドのChivas RegalやBallantine’s、そしてThe Glenlivetシングルモルトなどが、これらの市場で好調な結果を示していることが、親会社Pernod Ricardの利益が€3.35億に達し、11%の増加を記録した背景にあるとされています。

スコッチウイスキー業界団体であるScotch Whisky Associationも、中国や韓国などの国々への輸出価値が大幅に増加していることを強調しています。一方、非常に注目されているインド市場への輸出は減少の傾向にありましたが、台湾という市場では引き続き強い成長を示しています。

さらに、GlenAllachie Distillers Companyのリーダーであるスコッチウイスキーのベテラン、Billy Walker氏は、アジアにおけるシングルモルトカテゴリの活気を称賛。同社が初めて£20 millionの売上を達成したことを明らかにし、韓国、台湾、中国、シンガポール、香港での売上が急増していると述べています。

2023年9月1日(金)「HeraldScotland」
Far East proves to be land of promise for Scotch whisky
https://www.heraldscotland.com/news/23759492.far-east-proves-land-promise-scotch-whisky/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次