タンザニアのウイスキー市場、急成長の予測【openPR】

タンザニアのスピリッツ(蒸留酒)市場は2022年に約6億6,660万米ドルを記録しています。IMARCグループの予測では、2028年までに約11億6,170万米ドルまで成長し、2023年から2028年の間のCAGR(年平均成長率)は9.8%と見込まれています。

スピリッツは果物や穀物、あるいはその他発酵可能な材料から蒸留したアルコール飲料を指します。これらは酵母を加えて、水と発酵性有機物を混ぜたマッシュからアルコールへと糖を変換する方法で作られます。ブドウやサトウキビ、糖蜜、ジャガイモ、トウモロコシ、オーツ麦、小麦、大麦、そばなどの広範囲の原材料からスピリッツが作られ、塗料やラッカー、ワニスのような溶剤としても用いられるため、タンザニアでのスピリッツへの需要は拡大しています。

ウォッカ、ブランデー、アブサン、スコッチ、ジン、ウイスキーなどの製造に使われるスピリッツの需要が高まる中、タンザニアのスピリッツ市場はさらなる拡大を見せています。同時に、タンザニア政府はアルコール包装に関する新規制を検討中で、生産者には最低250ml容量のリサイクル可能なボトルで製品をパッケージングすることを推奨しています。手頃な価格で手に入る旅行に便利なパッケージのアルコール飲料が増えることで、市場は好調を保っていることがわかります。

さらに、レストランやバーでのアルコールの消費が増えていること、ハーブやスパイスを配合したクラフトスピリッツの人気が高まっていることも、タンザニアのスピリッツ市場の成長を後押ししています。

このレポートでは、スピリッツ市場を地域、製品タイプ、流通チャネルごとに詳しく調査しています。

2023年7月24日(月)「openPR」
Tanzania Spirits Market 2023-2028: Industry Trends, Share, Growth, Report | IMARC Group
https://www.openpr.com/news/3142257/tanzania-spirits-market-2023-2028-industry-trends-share

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次