台湾カバラン、ウイスキーの新風【東スポWEB】

台湾発のプレミアムウイスキーブランド「カバラン」は、お酒愛好者の間でよく知られています。このブランドは、台湾の飲料メーカー大手、金車グループが「カバラン蒸留所」で製造。2008年の発売から世界のウイスキー品評会で数々の賞を受賞し、国際的な高評価を受けています。

このカバランをベースとした缶カクテル、つまり「カバランバーカクテル」が、台湾での発売を経て、2021年に日本でも登場。日本では、カバランの高品質とその価格帯が注目を集めていましたが、この缶カクテルの導入によって、多くの人々が気軽にカバランの味わいを楽しめるようになりました。

「カバランバーカクテル」の日本での反響は賛否両論でした。台湾のカクテルは、日本のものよりも甘みが強いのが特徴。そのため、日本の伝統的な辛口ハイボールを好む層からは、辛口のバージョンへの要望も出たようです。

このフィードバックを受けて、カバランバーカクテルの日本販売元である日本酒類販売との共同開発により、2023年6月に「DRY シングルモルトハイボール」が日本限定で発売。カバランの「クラシック シングルモルト」と炭酸水だけで作られ、無糖のハイボールとして提供される予定です。

特筆すべきは、この新しいハイボールがカバラン特有の南国フルーツを思わせる芳醇な香りをしっかりと感じられる点でしょう。多くのハイボール愛好者に支持されており、新しいプレミアム缶ハイボールとしての注目度も高い。カバランは、その起源の地、台湾の独特の気候や風土を活かして独自のウイスキーを生み出しており、これがその独特のフルーティな香りや味わいの秘密ともいえます。

2023年8月20日(日)「東スポWEB」
新時代のプレミアム缶ハイボール!台湾の世界的ウイスキー「カバラン」を日本限定!無糖で!
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/273034

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次