日本のクラフトウイスキー:新たな風土と個性【ニフティニュース】

近年、クラフトウイスキー、別名“地ウイスキー”が注目されている。これは、固定観念にとらわれず、造り手のこだわりを前面に出したウイスキーで、日本の風土を活かした個性的なものが多い。例として、秩父蒸溜所では、ミズナラ材を使用して発酵させている。

クラフトウイスキーは、地方の小規模な蒸溜所で造られる少量生産のウイスキーを指す。スコットランドやアイルランドの伝統的なウイスキーとは異なり、クラフトウイスキーは造り手のこだわりが強調されている。特に、埼玉・秩父のベンチャーウイスキーのイチローズモルトは、国内外で非常に人気がある。

日本はウイスキー造りに適した地域が多く、特にミズナラ材を使用した熟成方法が注目されている。このミズナラ材は、日本独特のアロマやフレーバーをウイスキーにもたらす。

また、茨城の木内酒造は、ウイスキーの蒸溜を開始してから3年後に「常陸野ハイボール」を発売。これは、アルコール度数9%の飲み応えのある商品である。

クラフトウイスキーの魅力の一つとして、小規模な蒸溜所でも見学ツアーが行われていることが挙げられる。これにより、ウイスキーの製造現場を直接見学したり、新製品の試飲ができる。

最後に、日本のクラフトウイスキー蒸溜所として、秩父蒸溜所、三郎丸蒸溜所、ガイアフロー静岡蒸溜所、長濱蒸溜所、江井ヶ嶋酒造などが挙げられる。これらの蒸溜所は、それぞれ異なる特色や製品を持っており、ウイスキー愛好者には見逃せないスポットとなっている。

2023年8月20日(日)「ニフティニュース」
今、日本はクラフトウイスキーが熱い!
https://news.nifty.com/article/item/gourmet/12351-2400767/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次