香港のカラオケ文化が作るウイスキーと抹茶のカクテル【South China Morning Post 】

2000年代の香港では、ウイスキーと緑茶が人気の組み合わせで、カクテルとして楽しまれていました。このドリンクは、ブレンデッド・ウイスキーと甘みのあるペットボトルの緑茶が組み合わさり、ウイスキーのエッジを和らげ、飲みやすいカクテルを提供しました。カラオケルームやバーでよく楽しまれ、香港のカルチャーに根付いていました。最初にこのカクテルを提供したバーの一つは、メキシカン・バー『Coa』で、ジェイ・カーンという共同創業者が香港でバーテンダーとして働いていたときに提供されました。このカクテルはスコッチウイスキーと冷たい緑茶の組み合わせで、ジントニックに相当し、国内的なカクテルとして広まりました。

このカクテルは香港のカラオケバーで一般的で、注文されるとプラスチックピッチャーに緑茶が注がれ、ウイスキーのボトルが並べられ、ミキシングの準備が整えられました。飲みやすく、カフェインが含まれていたため、カラオケの楽しみを盛り上げるのにぴったりでした。しかしその後このカクテルは人気を失い、カクテルやハイボールなどが代わりに選ばれる傾向があります。ジョニーウォーカーなどのウイスキーブランドは、ウイスキーと緑茶のカクテルを再び注目させるためのキャンペーンを展開し、新しいカクテルを紹介しています。例えば、シーバスリーガルはアントニオ・ライとアレックス・コウのバーテンダーと共同で、紅茶を使用したウイスキーカクテルを創作したほどです。

ところが香港のカクテルバーシーンで、独自のウイスキーと緑茶のカクテルが新たなアイデアとフレーバーで輝きはじめました。バーテンダーたちはウイスキーのバリエーションや緑茶の種類を組み合わせ、斬新なカクテルを提供しています。これにより、ウイスキーと緑茶のカクテルは香港のカラオケカルチャーとウイスキー愛好者にとって特別な存在として、その魅力を増し始めています。たとえば、タイクンに新しくオープンした001バーでは、抹茶を使った新しいウイスキー・グリーンティー・カクテルが考案された。バー・ディレクターのスカイ・フオは、ブレンデッド・ウイスキーは緑茶のフレッシュさとタンニンと相性が良いが、彼女はさらに風味を加え、ベースとしてスモーキーなウイスキーを選んだと説明する。このドリンクは、ラフロイグ・クォーターカスク・ウイスキー、ブレンデッド・スコッチ・ウイスキー、フィノ・シェリー、昆布だし、抹茶をミックスして提供されます。

香港のウイスキーと緑茶のカクテルは、地域の特徴とクリエイティビティが融合した素晴らしい例です。これからも新しいカクテル文化の一翼を担い、その魅力を広めていくでしょう。

2023年10月8日(日)「South China Morning Post」
Why whisky green tea, the staple cocktail of Hong Kong karaoke rooms in the noughties, might be making a comeback
https://www.scmp.com/magazines/post-magazine/food-drink/article/3237038/why-whisky-green-tea-staple-cocktail-hong-kong-karaoke-rooms-noughties-might-be-making-comeback

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次