2023年、ウイスキー文化の新たな一歩【PR TIMES】

株式会社ウイスキー文化研究所(代表:土屋守、東京都渋谷区)は、新たな会員組織「ウイスキーコニサークラブ(WCC)」の発足を記念し、2023年10月15日に「コニサークラブ発足記念イベント」を開催することを発表しました。このイベントでは、世界や日本の最新のウイスキー事情に関する基調講演が行われるほか、300種以上のウイスキーやスピリッツの大試飲会、土屋守の秘蔵ボトルが当たる抽選会などが予定されています。

「ウイスキーコニサー」とは、ウイスキー文化研究所が主宰する、ウイスキーに関する知識や鑑定能力を問う資格認定制度のことを指します。この資格には3段階があり、初級の「ウイスキーエキスパート」から中級の「ウイスキープロフェッショナル」、そして最上級の「マスター・オブ・ウイスキー」へとステップアップして取得することができます。ウイスキーコニサー資格認定制度は2004年に始まり、2023年5月のエキスパート試験で20回目を迎えました。これまでの合格者は3,138名で、合格率は約50.19%です。

新たに発足した「ウイスキーコニサークラブ(WCC)」は、ウイスキー文化のさらなる普及を目指す会員組織として設立されました。そして、その発足を記念して、第一回の記念大会が開催されることとなりました。この大会には、コニサー資格を持つ者のみが参加でき、先着300名が対象となります。イベントは東京都渋谷区のEBiS303 イベントホールで、11:00から18:00までの日程で開催されます。参加費は、コニサークラブ会員が5,500円、コニサー資格保有者が7,700円、ボトル抽選券が2,200円となっています。当日のスケジュールには、土屋守による2つの基調講演や大試飲会、懇親会、トークショー、抽選会などが予定されています。

2023年9月4日(月)「PR TIMES」
“コニサークラブ発足イベント開催” 300種を超えるウイスキー・スピリッツ大試飲会、豪華ボトルが当たる抽選会も!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000119996.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次