「空挺ドラゴンズ」ウイスキー登場【グルメ Watch】

講談社は、「good!アフタヌーン」で連載中のマンガ「空挺ドラゴンズ」(著・桑原太矩氏)と長濱蒸溜所がコラボレーションしたウイスキー「AMAHAGAN World Blended 空挺ドラゴンズver.」を6月13日に発売すると発表しました。価格は1万1000円です。

長濱蒸溜所のチーフブレンダー・屋久佑輔氏が作品を読み込み、肉料理に合うウイスキーを考案しました。フルーティーな原酒や甘い綿菓子のような香りがする原酒など、さまざまな熟成年数の海外産モルトをベースに、ピーティーな原酒、そしてワイン樽やシェリー樽で熟成させた長濱蒸溜所のオリジナルモルトを加えたワールドブレンデッドウイスキーに仕上げました。

ストレートで飲んでも、ハイボールにしても味が崩れないよう原酒の比率を調整しているということです。ラベルは桑原氏による描き下ろしになっています。

ウイスキーに関する知識について触れると、ウイスキーは大麦を発酵させ、蒸留した後樽で熟成させることで作られます。熟成期間や樽の種類によって、ウイスキーの味わいや香りが変わります。また、シングルモルトやブレンデッドウイスキーといったさまざまな種類があります。

ウイスキー蒸留所は、原料の大麦や水質などの地域性がウイスキーの味わいに影響を与えるため、それぞれの土地で独自の製法や技術が生まれています。そのため、ウイスキーはその土地の文化や風土を表現する飲み物とされています。

ウイスキーメーカーの情報としては、世界中で多くの蒸留所がありますが、日本では山崎、白州、余市などが有名です。日本のウイスキーは、スコットランドやアイルランドのウイスキーと比べ、繊細でまろやかな味わいが特徴とされており、近年は世界的にも評価が高まっています。特に、国際的なウイスキーのコンペティションで日本のウイスキーが数多くの賞を受賞しており、その品質が高く評価されています。

また、ウイスキーは楽しむ方法もさまざまで、ストレート、ロック、水割り、ハイボールなどの飲み方があります。飲み方によって味わいや香りが変わるため、好みやシチュエーションに合わせて選ぶことができます。さらに、ウイスキーは食事とのペアリングも楽しむことができ、特に肉料理やチーズとの相性が良いとされています。

この「AMAHAGAN World Blended 空挺ドラゴンズver.」は、マンガとウイスキーのコラボレーションが話題となり、ウイスキーファンやマンガファンの間で注目を集めることでしょう。また、このようなコラボレーションは、ウイスキー産業において新たな顧客層の開拓やブランドイメージの向上に繋がると言われています。

2023年5月6日「グルメ Watch」
「空挺ドラゴンズ」と長濱蒸溜所がコラボしたウイスキー「AMAHAGAN World Blended 空挺ドラゴンズver.」発売
https://gourmet.watch.impress.co.jp/docs/news/1498436.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次