スコットランド:ウイスキー税引き上げを巡る議論【STV news】

イギリスのリシ・スナク首相は、スコットランドのウイスキー業界に対する税金引き上げを続行するよう、健康専門家から要請されています。アルコール税の凍結措置は8月1日に終了し、スコットランドのウイスキー産業に10.1%のインフレ調整税が課される予定です。

スコットランドの首席大臣ハムザ・ユサフは、4月に首相と初めて直接会談した際に、この増税について懸念を表明しました。しかし、スコットランドのアルコール問題対策団体(SHAAP)のアラステア・マクギルクリスト会長は、スナク首相の書簡で、ウイスキー産業が不公平に扱われているとの主張を退け、税金引き上げを「スタート地点」とするべきだと提案しています。

マクギルクリスト会長は、「アルコール産業が税制改革により不公平に扱われているとの主張は、厳密な検証に耐えられない」とし、8月からの新税制と税率引き上げを「公衆衛生の改善とアルコールによる経済や公共財政への被害の補填のために、より進歩的なモデルへと進む出発点として活用するよう」スナク首相に要請しました。

書簡に続いて、マクギルクリスト博士は、税金凍結がスコットランドでのアルコール関連死亡数を250人増加させたと推計しています。また、彼はユサフ首席大臣の立場が、アルコールによる被害を減らすために最低単位価格を使用するというスコットランド政府の目標と「一貫性がない」と指摘しました。「アルコールの税金を引き上げ、最低価格を設定することが一体となるべきだ」と述べています。

しかし、スナク首相はこれまでに税金の見直しについての要求を退けており、BBCに対して「私たちがやってきたことを見てください。過去10回の予算のうち9回、ウイスキー税は凍結されています。ウイスキー税は実質的には約100年間で最も低いレベルにあり、我々は世界中で素晴らしいスコッチ・ウイスキーの輸出市場を開くことができました」と述べています。

ウイスキー産業は、税率の引き上げを「産業に対する歴史的な打撃」と表現していますが、公衆衛生の専門家からは、その影響を公衆衛生やアルコールによる経済的被害の観点から評価するべきだとの意見が出ています。税金の引き上げがスコットランドのアルコール関連死亡を抑制するのに一役買う可能性があり、これがスコットランド政府のアルコール被害削減の目標と一致するかどうかが今後の焦点となりそうです。

2023年5月11日(木) STV News
Rishi Sunak urged to ‘stand firm’ on whisky duty increase by health chiefs
https://news.stv.tv/scotland/rishi-sunak-urged-to-stand-firm-on-scotch-whisky-duty-increase

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次