アードベッグ新作と年次イベントの開催【GQ JAPAN】

ウイスキーというと、スコットランドやアイルランド、そして最近では日本も名高い地域として認識されています。その中でも、アイラ島はスモーキーでトルファルなウイスキーで有名で、その地の一つの象徴が「アードベッグ」蒸留所です。

スコットランド・アイラ島の著名なウイスキーメーカー「アードベッグ」が、2023年限定の新製品「アードベッグ ヘビー・ヴェーパー」を発表しました。この新作は5月24日から全国の百貨店や酒販店で取り扱われる予定です。一般的なウイスキー製造とは異なり、本製品は蒸溜プロセスで一般的に用いられるピュリファイアー(精留器)を省いた製法で作られています。

ピュリファイアーは、ポットスチルからライパイプへ送られる蒸気を冷却する装置で、主に銅の導管で構成されています。その機能は、酒質に大きな影響を与える温度調整器としてのものですが、全ての蒸留所で採用されているわけではありません。アードベッグ蒸留所は、このピュリファイアーを使用している数少ない蒸留所の一つです。

通常、ピュリファイアーを通過したアルコール蒸気は、銅との接触時間が長くなり、結果としてフルーティーな香りが引き出されます。しかし、「アードベッグ ヘビー・ヴェーパー」では、ピュリファイアーを省くことで、従来のスモーキーで繊細な味わいとは異なる、スパイシーさが強調され、ビタースイートな風味を感じるフィニッシュが特徴となっています。

これはまるで、伝統的な日本酒の「無濾過生原酒」のような手法とも言えるでしょう。これにより、ウイスキーに求められる繊細なバランスを保ちつつ、よりダイレクトに原酒の風味を感じることができます。

「アードベッグデー」は、ウイスキー愛好家にとって一年で最も待ち遠しい日とも言えます。「アードベッグデー」は、2023年6月1日から開催される予定です。このイベントはアードベッグファンが集う一大祭典で、今年のテーマは「PLANET ARDBEG DAY 2023」。コミックやSFをテーマに、会場はカラフルに彩られることでしょう。日本では東京と大阪で合計5日間開催され、見逃せないイベントとなります。新製品と共に、このイベントもぜひチェックしてみてください。

2023年5月13日(土)「GQ JAPAN」
2023年のアードベッグ・デーを祝した限定ボトル「アードベッグ ヘビー・ヴェーパー」を見逃すな
https://www.gqjapan.jp/article/20230513-ardbeg-heavy-vapours-23-news

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次