拡大する韓国ウイスキー市場と若者との関係【Forbes JAPAN】

最近韓国のYoutubeやSNSでは、若者が日本へ旅行する映像が流行している。
それらの共通点は日本のビールを評価していることだ。

2019年に韓国が日本企業を輸入手続きを優遇するホワイト国から外したことで「NO JAPAN」運動が起こったが、現在は日本のビールとウイスキーが普通に店頭に並び、売れている。
韓国では焼酎をストレートで飲むことが一般的であり、「爆弾酒」と呼ばれる焼酎にビールを混ぜた強い酒も人気だったが、20代から30代のMZ世代の若者には受け入れられていない。
MZ世代は強い酒が好きではなく、度数の低い焼酎も出回り始めた。
コロナ禍により外で飲む機会が減ったため、家での飲み会やオンラインでの飲み会が増え、ハイボールの人気が高まったのだ。

ウイスキーの輸入量も増加し、日本産ビールやウイスキーの輸入額が急増している。
また、ウイスキー投資も人気であり、MZ世代の間では希少価値のあるウイスキーを集めることが流行っている。

韓国でのウイスキー生産は困難であり、大手酒類会社は海外からウイスキーを輸入し、韓国産として販売している。
しかし韓国国内ではウイスキーの需要が増え続けており、ロッテや新世界などの財閥が済州島に蒸溜所を建設する計画が進行中である。
数年後には韓国製ウイスキーが流通するかもしれない。
しかし、それまでは海外からの輸入品が若者たちの興味を引き続けるだろう。

2023年5月17日(水) Forbes JAPAN
急拡大する韓国ウイスキー市場 初の「国産」には長蛇の列
https://forbesjapan.com/articles/detail/63132

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次