30代以下が選んだ家飲みハイボールウイスキー【Yahoo!JAPAN ニュース】

ねとらぼ調査隊が30代以下を対象に実施したアンケートで、家でハイボールを作るのにオススメのウイスキーを調査した。

1位は「角瓶」で、得票率26.7%を獲得した。
1937年に発売され、サントリーの創業者である鳥井信治郎氏が作り上げたウイスキー。
甘みのある香りと深いコク、そしてドライな飲み口が特徴で、日本で最も売れているウイスキーである。
ハイボールはレモンをしぼり、氷をたっぷり入れ、角瓶1とソーダ4を注ぐのが公式オススメの作り方だ。
角瓶はハイボール向きの味に調整されており、角ハイボール缶としても販売されています。

2位は「ジムビーム」で、得票率17.8%を獲得。
アメリカのケンタッキー州で生まれたバーボンウイスキーで、香りと味わいが調和した心地よい飲み口が特徴だ。
バリエーションも豊富で、シチュエーションに合わせて楽しめる。
ソーダとの相性が抜群によく、ハイボールにするのに適している。

以下、トリス、ジャックダニエル、ブラックニッカと続く。
家で楽しむハイボールには、ジムビームや角瓶がおすすめだ。

2023年5月18日(木) ねとらぼ調査隊
【30代以下が選んだ】家でハイボールを作るのにオススメの「ウイスキー」ランキングTOP11! 第1位は「角瓶」【2023年最新調査結果】
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/1506707/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次