サントリーの挑戦:ウイスキーコーヒー戦略【Yahoo!ニュース】

大手飲料メーカー「サントリー」が2023年、ウイスキー100周年を迎え、中国上海の豊かなカフェ文化を活用しウイスキーの新たな可能性に挑戦しています。サントリーが提案しているのは、ウイスキー「碧AO」を少量加えたコーヒーで、飲む前からウイスキーの香りが漂い、味わいはコーヒーそのもので、アルコール度数は1%未満としています。これにより、時間帯を問わず気軽に楽しむことが可能で、“ウイスキーをまだ知らない若い世代にも知ってほしい”という意図が込められています。

一橋ビジネススクールの鈴木智子准教授によると、中国のウイスキー市場は急速に成長しており、特に高級ウイスキーが好まれています。サントリーの「山崎」も中国では高級ウイスキーとして人気がありますが、今回サントリーがウイスキーコーヒーに使用している「碧AO」は比較的新しいブランドで、「山崎」以外のブランドの認知度向上が更なる成長につながると述べています。

また、鈴木准教授は、中国のウイスキー人気が高齢層のハイエンド消費者によって支えられていることに触れ、若者世代に対する浸透が進まなければ市場が縮小する可能性があると指摘。その対策として、ウイスキーとコーヒーを融合させたウイスキーコーヒーは若者世代を取り込む戦略であると解説しています。“はじめてのウイスキー体験はサントリー”という印象を若者に刷り込むことで、サントリーの市場存在感を強化する狙いがあると考えられます。

サントリーのこの新たな挑戦は、業界全体に影響を与える可能性もあります。一部の飲食店ではすでにウイスキーを使ったカクテルやデザートが提供されているものの、ウイスキーを用いたコーヒーはまだ一般的ではありません。サントリーの提案が受け入れられれば、新たなウイスキーの楽しみ方が広がり、業界全体に新しい風を吹き込むことが期待されます。特に若者世代を中心に、ウイスキーに対する認識や関心を高める機会にもなるでしょう。

また、このウイスキーコーヒーの提案は、サントリーが持つ製品開発能力とマーケティング戦略の結晶でもあるといえます。既存の商品ラインを革新的な方法で再解釈し、新たな顧客層を開拓することは、他の企業にとっても参考になる事例となっています。ウイスキーという伝統的な商品を再定義し、新しい市場に適応させる試みは、グローバルなビジネス環境下での企業の生存戦略において、重要な要素となることが期待できるでしょう。

2023年5月20日(土)「Yahoo!ニュース」
サントリー“カフェの街”上海で新感覚「ウイスキーコーヒー」提案 “コーヒー人気”に狙い定め「碧AO」知名度UP目指す 
https://news.yahoo.co.jp/articles/90cdfd5db4054e050e3995908c1f289c4c4caa27?page=2

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次