イチローズモルト:2億円ウイスキーの価値と投資性【アゴラ 言論プラットフォーム】

銀座のシンワオークションでは、通常美術品がおもに取り扱われていますが、最近ではワインやウイスキー、さらにはスニーカーやトレーディングカードも出品されるようになりました。2023年5月27日に開催予定の当オークションでは、イチローズモルトのウイスキーが注目を浴びています。このウイスキーは、トランプのカードをラベルデザインにした「CARD」シリーズで、全58本を集めることを目指すコレクションアイテムです。

「CARD」シリーズは、既にマニアの間で人気があり、今回のオークションではその価格が1億円から2億円と予想されています。この高値は、以前のオークションでも同じシリーズが高額で落札された経験があり、特に海外からの購入者による可能性があります。購入者はそのウイスキーを飲むことはほとんどなく、むしろ数年後に再びオークションに出品して価格を上げることを期待していると思われます。

高額なワインやウイスキーは、購入できる人が限られるため需要は少ないかもしれませんが、反対に、供給が少ないため超富裕層の間で競り合う状況が生じます。この結果、価格が高いものほど価格上昇率が高くなる傾向となっています。この視点から見ると、数千戸が市場に出ている1億円の晴海フラッグよりも、手に入れるのが難しい1億円のウイスキーの方が、将来的に価格上昇する可能性が高いといえるでしょう。

また、コレクションの世界では、希少性やそのアイテムが持つストーリー、ブランドの価値なども価格に影響を与えます。イチローズモルトの「CARD」シリーズは、その独特のデザインや58本でコンプリートするという特性から高い希少性を持っており、これが高額な落札予想価格につながっています。そして、これらのアイテムは投資としての価値も持っており、購入者はその価格上昇を期待している可能性があります。

価格上昇が期待されるイチローズモルトの「CARD」シリーズですが、1億円から2億円と予想されるジャパニーズウイスキーはいったい誰が購入するのでしょうか?動向に注目していきましょう。

2023年5月20日(土)「アゴラ 言論プラットフォーム」
2億円のジャパニーズウイスキーは誰が買うのか?
https://agora-web.jp/archives/230516203647.html

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次