スモーキーハイボール缶『三郎丸蒸留所』の開発秘話と成功の裏側【GXビジネス】

若鶴酒造株式会社が2019年に開発したスモーキーハイボール缶「三郎丸蒸留所のスモーキーハイボール」が、2023年2月に累計販売本数100万本を突破した。
この商品は原酒、炭酸、パッケージデザインにこだわり抜いた逸品であり、大手メーカーではなくクラフト蒸留所から生まれたことにも注目が集まっている。

開発の背景には、多くの人が潜在的に「スモーキー」なハイボールを望んでいるという事実があった。
稲垣氏は2017年末にハイボール缶の構想を思いつき、東洋製罐株式会社に相談、2018年7月にテストパックを行い、翌年の3月に商品を発売した。
当時、スモーキーなハイボール缶はまだ珍しく、大手メーカーの商品には存在しなかった。
そのため個性的な商品が生まれにくい状況だったのだ。
しかし、稲垣氏自身がスモーキーなハイボールを好み、同様のニーズを持つ人々も多いことに気づいたことで、このアイディアが生まれたのである。

ハイボール缶の作り方には難しさがある。
通常、バーテンダーが作るハイボールと居酒屋のハイボールは異なるものだ。
そこで、本格的なハイボールを手軽に多くの人に楽しんでもらいたいという思いから、特別なブレンドを行った。
また、ハイボール缶では原酒のブレンドも特に難しい課題だった。
ボトルのウイスキーを使った作りたてのハイボールとあらかじめ割ってあるハイボールでは、同じ原酒でも味が異なってしまう。
作りたてのスモーキーな香りや個性的な味わいを引き出すために、特別なブレンドが行われたのだ。

さらに、ハイボール缶では炭酸ガスのボリュームにも細かな調整が加えられている。
ハイボールの魅力は爽快な飲み口にあるため、ウイスキーの味わいが引き立つように工夫を凝らした。
高品質なウイスキーを使用し、ハイボール缶のために独自のブレンドが行われている。

若鶴酒造が開発した「三郎丸蒸留所のスモーキーハイボール」は、スモーキーなハイボールを求める顧客の期待に応えるため、熟慮と努力が重ねられた逸品だ。
その結果、累計販売本数100万本を達成することができた。

2023年5月31日(火) GXビジネス
三郎丸蒸留所から生まれた日本初のスモーキーハイボール缶、累計販売本数100万本達成! 開発の裏側と「本格」へのこだわり
https://gxbiz.oita-press.co.jp/prtimes/detail?id=qx9aaAfjdMx

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次