函館市初!ウイスキー蒸留所の開設【e-HAKODATE】

函館市のビハインド・ザ・カスクという蒸留酒販売会社が、ついに函館で初めてのウイスキー蒸留所「ディ・トリッパー蒸留所」の開設を発表しました。この蒸留所では、北海道産の大麦の麦芽(モルト)を主な原料として使用し、年間6,000リットルという少量限定生産を行い、短期間でウイスキーを熟成させて商品化する予定です。目標は、今年の冬に稼働を開始し、2024年末までに函館産のウイスキーを市場に提供することです。

 このウイスキー蒸留所は、函館の元町に位置するワイナリー「農楽蔵(のらくら)」の跡地に入居する予定です。移転は秋に行われ、10月から一部の改装が始まります。蒸留所の名前「ディ」は、1854年にペリー提督が来航した際の箱館の表記「HAKODADI(ハコダディ)」に由来しています。この新たな蒸留所の設立には、函館のウイスキーの歴史や、今年がサントリーの山崎蒸留所(大阪府)の開設から100年の節目であることが意識されています。澤田代表(32歳)をはじめとするチームは、北海道や埼玉県での蒸留所でのウイスキー製造経験を持ち、この新たな生産に取り組んでいます。

 ウイスキーの生産にあたっては、年間生産量の最低基準として国税庁によって定められた6,000リットルを目指しています。大麦は北海道の中標津町で栽培されたものを使用しています。また、伝統的なウイスキーの製造方法を守りながら、一回の仕込みで40リットルの原酒を少量生産し、年間で140回の仕込みを行います。

澤田代表は、「1年でウイスキーを出すことは挑戦ですが、国産の大麦を使用することで、麦の収穫年を反映した珍しいビンテージウイスキーも作ることができます。また、シェリー樽によってわずか1年でもしっかりと色合いがつきます。若さを感じさせない、熟成された味わいを実現したいと思っています」と述べています。

 さらに、年末には樽に入れる前のスピリッツなどを返礼品とするクラウドファンディングを実施する予定です。このクラウドファンディングに参加することで、早期に限定バッチのウイスキーを手に入れることができるでしょう。

 函館で初めてのウイスキー蒸留所「ディ・トリッパー蒸留所」の開設は、地元のウイスキーファンや酒愛好家にとって待望のニュースです。北海道の豊かな自然と伝統的な製法を活かしたウイスキーの誕生に期待が高まります。ウイスキー愛好者は、この新たな蒸留所がもたらすフレッシュな風味や個性を楽しみにしていることでしょう。今後の展開に注目です。

2023年6月13日(火)「e-HAKODATE」

函館初ウイスキー蒸留所誕生へ ビハインド・ザ・カスク

https://www.ehako.com/news/news2022a/14267_index_msg.shtml

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次