神戸蒸溜所で始まるウイスキーの新たな旅【OVO】

神戸市内にある「神戸蒸溜所」は、ウイスキーやブランデーなどの蒸留酒の製造を手がけています。昨年の10月に神戸市のフルーツ・フラワーパーク内に開所し、新たな旅がスタートしました。そして615日からは、カスク(木樽)オーナーの募集も開始される予定です。

 1993年、神戸ワイナリー(現在の神戸農政公社、神戸市)は、フランスから直輸入した直火の単式蒸留器(アランビックシャラント)を導入し、神戸産のブドウを100%使用したブランデーの製造を始めました。その後、阪神淡路大震災の影響で製造が一時停止され、蒸留器も使われることなく年月が経過しました。しかし、樽に詰められたまま熟成が進んでいた「神戸ブランデー」は海外でも高い評価を受け、神戸市はその蒸留器を活用する企業を募集することになりました。そして、2022年秋、神戸蒸溜所が当時の蒸留所を復活させて、蒸留酒の製造が再開されたのです。

 今回募集のカスクオーナーは、ウイスキーになるまでの熟成期間つまり3年間を共に見守ることができます。さらに、オーナー証明書の発行やニューポット(200ml)のプレゼント、神戸蒸溜所の見学会への招待などの特典が付きます。

応募は615日(木)の12時から815日(火)の18時まで受け付けていますが、応募人数が上限に達した時点で締め切られますので、お早めに応募してください。カスクオーナーになって、特別なウイスキー作りの体験と特典を楽しみましょう。

神戸蒸溜所は、神戸の新たな名産品を目指して、日々製造に取り組んでいます。周囲を山に囲まれ、湿度の高い自然環境の中で保管されるため、ウイスキーやブランデーの熟成も早く進みます。そんな神戸蒸溜所のウイスキーやブランデーは、きっとあなたの味覚を満足させることでしょう。ぜひ、神戸の風味豊かな蒸溜酒を楽しんでください。

2023年6月15日(木)「OVO(オーヴォ)」

3年間の熟成を共に見守りませんか 神戸蒸溜所がウイスキーのカスクオーナーを募集

https://ovo.kyodo.co.jp/news/culture/a-1877672

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次