自宅で楽しむ、独自熟成ウイスキーの世界【ギズモード・ジャパン】

ウイスキーや焼酎を自宅で熟成できる「TARU HOLICのミニ樽」がクラウドファンディングサイトmachi-yaで登場しました。このミニ樽は、スパニッシュオークと桜の木材を使用した本格的な樽で、市販の蒸留酒を一味違うテイストに進化させることができます。また、樽熟成により、雑味の低減や風味、口当たりの向上が期待できます。

樽熟成は通常、長い時間を必要としますが、このミニ樽は大樽に比べてお酒が樽に触れる面積の比率が大きいため、1日からでも変化を楽しむことができます。例えば、米焼酎を1週間ほど熟成させると、ウイスキーのような黄金色に変化します。

さらに、このミニ樽を使えば、オリジナルのブレンドを試すことも可能です。お値打ちなウイスキーをブレンドすることで、一味も二味も違う風味を楽しむことができます。また、樽は希少なスパニッシュオークと桜を合わせたダブルウッドフィニッシュという贅沢仕様で、ほぼすべてが職人による手作業で仕上げられています。

ウイスキーの熟成は、原材料の品質だけでなく、樽の品質や熟成期間によっても大きく影響されます。長期間熟成されたウイスキーは、その独特の風味と深みを持つため、高価なものが多いです。しかし、このミニ樽を使用すれば、自宅で手軽に樽熟成を楽しむことができ、お手頃価格のウイスキーでも高級な風味を引き出すことが可能になります。

ウイスキーの熟成は、ウイスキーの風味を決定づける重要な工程であり、ウイスキー蒸留所では様々な種類の樽を使用して、独自の風味を生み出しています。このミニ樽を使用すれば、自宅でウイスキー蒸留所と同じような熟成体験ができ、自分だけのオリジナルウイスキーを作る楽しみを味わうことができます。

また、ウイスキーメーカーは、原材料の選択、製法、熟成期間など、多くの要素を組み合わせて独自のウイスキーを作り上げています。このミニ樽を使えば、自分だけのウイスキー作りに挑戦することができ、ウイスキーメーカーの仕事をより深く理解することができます。

ウイスキーは、その製造過程や風味の違いを楽しむための飲み物であり、このミニ樽は、その楽しみをさらに広げるツールと言えるでしょう。自宅での晩酌が、ただ飲むだけでなく、自分だけのウイスキーを作り上げる楽しみに変わるかもしれません。

2023年7月1日(土)「ギズモード・ジャパン」
自宅でお酒を樽熟成!? ウイスキーや焼酎を育てられる「TARU HOLICのミニ樽」で晩酌がより楽しくなりそう
https://www.gizmodo.jp/2023/07/machi-ya-taruholic-start-661150.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次