ホテル白菊、サントリー商品で飲料メニュー強化【観光経済新聞】

大分県別府温泉のホテル白菊は、「じゃらんアワード2022 泊まってよかった宿大賞」の「朝食」「接客・サービス」部門で第1位を受賞しました。ホテル白菊の西田陽一社長によると、これはコロナ禍の中でもおもてなしの改善に取り組んできた結果、評価されたものと語っています。さらに、サービスの充実を図るために、飲料メニューの見直しも行っており、その一環としてサントリー商品の取り扱いを増やしています。

具体的には、プレミアムビールの「ザ・プレミアム・モルツ」の瓶と生、ウイスキーの角瓶を炭酸で割った「角ハイ」、ノンアルコールビールテイスト飲料の「オールフリー」などを提供しています。特に「ザ・プレミアム・モルツ」の生ビールは、サーバーの洗浄を徹底し、品質管理に万全を期しているため、「大変おいしい」と好評を得ています。

また、「角ハイ」は業務用の「角ハイボール缶」を使用して提供しており、味の均一化と業務の効率化につながっています。ウイスキーは、その独特の風味と炭酸の爽快感が絶妙に組み合わさった「角ハイ」が人気で、ウイスキーの魅力を広く伝える一助となっています。

ホテル白菊は、これからもおもてなしを含めてすべてを進化させていくとのこと。食事だけでなく、さらに美味しくなった飲み物も楽しむことができるということで、訪れる客にとってはさらなる魅力となりそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次