韓国、免税酒類のオンライン販売開始【AFPBB News】

韓国では今月1日から、免税酒類のオンライン販売が可能となる告示が施行されました。これにより、ウイスキーやワインなどの免税酒類をオンライン免税店で購入することが可能になりました。これまでオンライン販売が認められていたのは一部の伝統酒のみで、それ以外のアルコール類は国内の免税店で購入し、空港内の引き渡し場で受け取るか、空港内の免税店で購入するしかありませんでした。

免税業界では、オンライン販売可能な酒の種類がどこまで広がるかが最大の関心事でしたが、ウイスキーやワインなどもオンライン免税店販売が認められることになります。国税庁関係者は、「韓国市場でもウイスキー、ワインのオンライン販売はできないが、オンラインやアプリケーションで注文後に売り場で受け取る『スマートオーダー』は許容している。ウイスキー、ワインなどの免税種類にも同じ基準を適用したものだ」と説明しています。

出国を控えた人なら、国内の免税店事業者が運営するオンライン免税店を通じて注文した後、空港引き渡し場で受け取ることができます。また、外国を行き来する航空会社や海運会社が運営するオンライン免税店で免税酒類を購入した場合は、航空機や船舶で受け取ることも可能となりました。

大企業免税店のロッテ、新羅、新世界、現代百貨店などは、販売チャンネルが増えるという点で肯定的な反応を示しています。しかし、中小・中堅の免税店は、オンライン免税酒類販売により経営が脅かされる恐れがあると危惧しています。特に入国場免税店の場合、酒類の売り上げが70%以上を占めており、打撃が避けられない状況です。

ウイスキーの製造元やメーカーにとっても、この新たな販売チャンネルは大きな影響を与えるでしょう。オンライン販売により、より多くの消費者に製品を届けることが可能になりますが、同時に競争も激化する可能性があります。これに対応するためには、品質の高いウイスキーを製造し続けるだけでなく、オンラインでの販売戦略を考えることも重要になるでしょう。

2023年7月4日(火)「AFPBB News」
韓国・ウイスキーやワインも「オンライン免税」で購入可
https://www.afpbb.com/articles/-/3470976

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次