アイリッシュと日本の融合ウイスキーの新作【Barrel】

アイルランドのティーリング・ウイスキーが、麦焼酎樽で熟成した「ジャパニーズエディション」を誇りにリリース。このウイスキーはエクスプローラーズ・シリーズの一環で、バーボン樽で11年間の熟成を経て、さらに麦焼酎樽で4年間の熟成を重ねたものです。魅惑的なアルコール度数46%であり、ノンチルフィルターで瓶詰めされています。以前グレンフィディック グランドヨザクラ 29年の泡盛カスクフィニッシュに驚嘆したばかりでしたが、今度はアイリッシュウイスキーが麦焼酎樽で熟成されているとは。ティーリングのプレスリリースによれば、このウイスキーはアイリッシュと日本の文化が見事に融合された自信作で、エクスプローラーズシリーズは世界を旅したアイリッシュ探検家たちに敬意を表し、各リリースがその国の特性や個性を捉えたユニークな樽やスピリッツタイプを使用して、一国一国のアイデンティティを象徴しています。

ジャック・ティーリング氏はティーリング・ウイスキーの創業者兼マネージングディレクターとして、「新たなエクスプローラーズシリーズ15年は、日本のクラフトスピリッツの要素を取り入れることで、アイリッシュ・ウイスキーの境界を押し広げています。日本に住む友人を通じ、直接麦焼酎樽を調達しました。原酒が瓶詰めにふさわしい時期になるまで、4年以上も忍耐強く待ち続けてきました。このユニークなコラボレーションが、探検、革新、そしてティーリング・ウイスキーが体現するクラフトマンシップの精神を真に表現したウイスキーになったと信じています」と述べています。

このエクスプローラーズシリーズ15年のボトルには、ウイスキー文化の融合を反映した精巧な日本風のアートワークが描かれています。このボトリングはティーリング・ウイスキーがトラベルリテール以外で販売するエクスプローラーズシリーズの第一弾であり、アイルランド国内では70clあたり定価110ユーロで発売され、その後数ヶ月かけて一部の国際市場でも販売される予定です。このウイスキーは、香りにおいてはまろやかなバニラの甘さ、フルーツ、ペストリー、スパイスのコーティングが感じられ、砂糖漬けのリンゴ、ライチ、ジャスミンティーのアロマも香り立ちます。味わいにおいては、ライチとパッションフルーツの豊かな風味が広がり、ポーチド梨、ジンジャーブレッドクッキー、ゴールデンシロップのニュアンスも楽しめます。そしてフィニッシュは、柔らかな木のタンニン、ドライフルーツの余韻が心地よく、甘くてまろやかな余韻で締めくくられます。

2023年7月20日(木)「Barrel」
麦焼酎樽熟成!?ティーリング エクスプローラーズシリーズ 15年熟成 ジャパニーズエディションがリリース
https://www.barrel365.com/n2307202/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次