ウイスキー業界のサステナビリティへの挑戦【Barrel】

シーバス・ブラザーズ社は、シーバスリーガルでお馴染みのスコットランドのウイスキー製造会社です。この会社は、スコッチウイスキー業界全体のネットゼロ目標達成を支援するため、カーボンカット技術を「オープンソース」化すると発表しました。この技術はグレントファース蒸溜所での適用により、二酸化炭素排出量の削減に大きな効果があったことが判明しました。他の多くの蒸溜所がこの技術を採用すれば、業界全体に利益をもたらす救世主となるでしょう。スコットランドの最大の輸出品であるスコッチウイスキーの持続可能な未来を築くためには、蒸溜業者同士が協力することが不可欠です。シーバス・ブラザーズは、脱炭素化の信念に基づき、他の競合他社に先駆けて、熱回収技術の設計プロセスと導入に関する知識を共有することを表明しています。

熱回収技術は、蒸留工程で発生する熱を回収して再利用するように設計されています。これには機械的蒸気再圧縮(MVR)と熱蒸気再圧縮(TVR)というプロセスが用いられます。グレントファース蒸溜所ではこの技術を導入し、エネルギー消費量を48%削減し、総炭素排出量を53%削減することに成功しました。シーバス・ブラザーズの会長兼CEOであるジャン・エティエンヌ・グールグ氏は、このニュースに対し、「熱回収技術は、2026年までにカーボンニュートラルな蒸留を達成するための重要な部分です。この技術は我々の業界を変革し、ネット・ゼロへの前進を加速させる可能性を秘めています。そのため、今日、私たちは設計プロセスと実施に関する学びをすべての人に公開します。長い歴史を持つ企業として、これは正しいことだと信じています。ウイスキーと地球の長期的な未来を守るためには、業界全体の協力が不可欠です。当然のことながら、この技術がすべての蒸溜所に適しているわけではありませんが、この技術が自社の炭素排出量を削減する可能性があるかどうかを探ることを、同業他社に奨励しています」とコメントしました。

シーバス・ブラザーズは、達成された利益と節約の概要に加え、使用された設計の基礎についての詳細を記載したケーススタディを発表しました。また、グレントファースの工場で専用オープンハウスイベントを開催し、他の蒸溜業者が実際にこの技術を見学できる機会を設ける予定です。スコッチ業界全体が持続可能な未来を迎えるために、これからも技術の共有と協力が重要な役割を果たすことでしょう。

2023年7月21日(金)「Barrel」
シーバス・ブラザーズ、カーボンカット技術を共有へ
https://www.barrel365.com/n2307213/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次