「限定ウイスキー発売」【岐阜新聞WEB】

帝国ホテル大阪のメインバー「オールドインペリアルバー」で、オリジナルラベルウイスキー「戸河内」が2023年7月20日から販売される。

日本のウイスキーは国内でハイボールという飲み方が広く受け入れられ、国際的な賞も多く受賞して海外でも高く評価されており、品薄状態とされている。

今回のウイスキーは広島県廿日市桜尾にある「SAKURAO DISTILLERY」の桜尾蒸留所で蒸留され、戸河内貯蔵庫で熟成されたシングルカスクウイスキーで、四季を問わず冷涼な気温を保つトンネルを活用した貯蔵庫で作られている。

バーテンダーが現地で厳選した原酒樽の一つをオリジナルラベルのボトルにボトリングし、限定228本で提供される。

オールドインペリアルバーは、1923年に開業した帝国ホテル旧本館「ライト館」のモチーフを取り入れた店内であり、往年の映画スターや著名人のパネルなど、「ライト館」の雰囲気を感じることができる落ち着いた空間でウイスキーを楽しむことができる。

オリジナルラベルウイスキー「戸河内」の概要は以下の通り

  • 販売開始日:2023年7月20日
  • 販売場所:帝国ホテル大阪のオールドインペリアルバー
  • 生産地:広島県廿日市桜尾の「SAKURAO DISTILLERY」桜尾蒸留所
  • ウイスキーの種類:シングルカスクウイスキー
  • 貯蔵:戸河内貯蔵庫で熟成
  • 提供本数:限定228本

 

・2023年7月20日(木曜)+岐阜新聞WEB
・オリジナルラベルウイスキーを販売
https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/260261

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次