お財布に優しいジャパニーズウイスキー!おすすめ銘柄と選び方

whiskey

ウイスキー愛好家に朗報です!近年、ジャパニーズウイスキーは世界中で話題となっており、ますます人気が高まっています。しかし、一部で「お高い」というイメージがあるため、選び方に悩むこともあるかもしれません。そこで今回の記事では、ウイスキー初心者や予算に気をつけたい方に向けて、安価なジャパニーズウイスキーの選び方やおすすめ銘柄、その歴史や現状を詳しくご紹介します。ぜひお気に入りのジャパニーズウイスキーを見つけて、その美味しさに酔いしれてください!

目次

1. はじめに

whiskey

ウイスキーは、世界中で愛される人気の高いアルコール飲料です。特に最近ではジャパニーズウイスキーが注目を浴びており、その人気はますます高まっています。そこで今回は、ジャパニーズウイスキーについて詳しくご紹介します。

ジャパニーズウイスキーは、日本で作られたウイスキーのことを指します。1853年にはじめてウイスキーが日本に登場し、1923年には国産のウイスキーが生まれました。その後、紆余曲折を経て現在では世界的にも評価されるほどの進化を遂げています。

しかし、ジャパニーズウイスキーは一部で「お高い」というイメージがあります。そのため、初めてジャパニーズウイスキーを選ぶ方や手頃な価格のものを探している方にとっては、選び方に悩むこともあるかもしれません。

そこで、この記事では安価なジャパニーズウイスキーを選ぶ際の基準やおすすめの銘柄についてご紹介します。さらに、ジャパニーズウイスキーの歴史や現状、自主基準についても触れていきます。

ジャパニーズウイスキーの魅力を存分に楽しむために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。次のセクションでは、安価なジャパニーズウイスキーを選ぶ際の基準について詳しくご紹介します。

2. 安価なジャパニーズウイスキーの選定基準

whisky

ジャパニーズウイスキーを手ごろな価格で選ぶためには、いくつかの基準を考慮する必要があります。以下では、具体的な選び方のポイントを紹介します。

基準(1):5,000円未満の価格帯での購入可能性

手頃な価格でジャパニーズウイスキーを選ぶためには、価格が5,000円未満のものを対象にします。税込5,000円以下で購入できるウイスキーを見つけましょう。

基準(2):日本で蒸留された原酒の使用

ジャパニーズウイスキーの品質を確保するために、日本で蒸留された原酒を使用していることが重要です。ただし、海外から輸入された原酒がブレンドされている場合でも問題ありません。

基準(3):明確な表示による消費者の混乱防止

ジャパニーズウイスキーが海外からの輸入原酒をブレンドしている場合は、商品のラベルなどで明示されていることが必要です。これにより、消費者がジャパニーズウイスキーと間違えることを防ぐことができます。

これらの基準を考慮しながら安価なジャパニーズウイスキーを選ぶことが大切です。価格が制約されているため、品質や味わいにも注意を払いながら、自分に合ったウイスキーを見つけましょう。

3. おすすめのジャパニーズウイスキー3選

whiskey

ここでは、筆者が特におすすめするジャパニーズウイスキーを3つご紹介します。

3.1 フロム・ザ・バレル

ニッカウヰスキー社から発売されている「フロム・ザ・バレル」は、コスパの良さが特徴です。手に入れやすい価格ながらも、濃厚で繊細な味わいを楽しむことができます。アルコール度数が51%と高めなので、香りやコクをより一層楽しむことができるのも魅力です。

3.2 ブラックニッカ クリア

「ブラックニッカ クリア」は、ニッカウヰスキー社が発売したブレンデッドウイスキーです。手に入りやすく、コスパの良いウイスキーとして人気があります。特に180mLサイズは500円以下で購入できることが多く、初めて試す方にもおすすめです。

3.3 キリンウイスキー 陸

「キリンウイスキー 陸」は、手頃な価格で手に入るウイスキーです。コスパが非常に良いと言えます。アルコール度数も50%と高めなので、水割りや炭酸水で割ってもしっかりとした味わいを楽しむことができます。日本の風土や食文化に合わせた甘い香りや澄んだ口当たりなど、豊かな香味を楽しむことができます。

以上の3つのジャパニーズウイスキーは、手に入りやすくコストパフォーマンスが良いため、ウイスキー初心者から上級者まで幅広い方におすすめです。ぜひ自分の好みや飲み方に合わせて、試してみてください。

4. ジャパニーズウイスキーの歴史と現状

Japanese whisky

ジャパニーズウイスキーは、1853年に日本に初めて登場しました。当時、ペリー提督による黒船来航があったことで、輸入が始まりました。しかし、ジャパニーズウイスキーの需要は少しずつ広がっていく中で、1923年になってようやく最初の国産ウイスキーが登場しました。

その後、ジャパニーズウイスキーは紆余曲折を経て進化を遂げ、世界5大ウイスキーにも数えられるほどの地位を築きました。近年では、竹鶴政孝氏の半生を描いたドラマ「マッサン」が大ブームを巻き起こし、ジャパニーズウイスキーへの注目が一気に高まりました。

しかし、その注目と共にハイボールブームなども加わり、急激な需要拡大による原酒不足という困難な問題が発生しました。このため、現在では多くの国産ウイスキー銘柄が終売や値上げを余儀なくされています。ただし、各メーカーは原酒不足の中でもアイデアと技術力でコスパの良いウイスキー作りに取り組んでいます。

ジャパニーズウイスキーの中でも“安くて美味い”と思えるおすすめの銘柄を紹介します。最近では、有名な銘柄の生産量が激減し、日本国内でも定価よりも高値で流通している現状があります。また、世界中のウイスキーファンも熱狂し、世界では定価の何倍もの価格で流通しています。

以下の10のおすすめジャパニーズウイスキーは、低価格帯~5,000円までで購入できます。

  1. イチローズモルト&グレーン ワールドブレンデッド(3,850円)
  2. 岩井トラディション(2,200円)
  3. シングルモルト余市(4,900円)
  4. シングルモルト宮城峡(4,300円)
  5. サントリー知多(3,500円)
  6. マルスモルテージ越百(4,500円)
  7. フロムザバレル(3,500円)
  8. ニッカセッション(3,300円)
  9. スーパーニッカ(2,500円)
  10. サンシャインウイスキープレミアム(2,200円)

これらのジャパニーズウイスキーは、日本で作られたウイスキーであり、日本人の口に合うウイスキーが低価格で販売されています。特にハイボールに合う銘柄もあります。

なお、ジャパニーズウイスキーの自主基準では、原材料は麦芽、穀類、日本国内で採水された水に限定されています。また、糖化、発酵、蒸留は日本国内の蒸留所で行われ、貯蔵は木製樽に詰められて3年以上日本国内で貯蔵されます。瓶詰時のアルコール分も40度以上であることが条件とされています。

ジャパニーズウイスキーは、日本国内だけでなく世界中で高く評価されています。しかし、現在は入手困難や品薄の状況が続いており、値上げも相次いでいます。それにもかかわらず、まだまだ安価な国産ウイスキーも存在します。ジャパニーズウイスキーには繊細で落ち着きのある味わいがあり、ぜひ日本人が作りだすウイスキーの魅力に触れてみてください。

5. ジャパニーズウイスキー自主基準について

whiskey

「ジャパニーズウイスキーの表示に関する基準」は、日本洋酒酒造組合が制定した自主基準です。これにより、ジャパニーズウイスキーの定義が明確になり、消費者は信頼性の高い情報を得ることができます。

① 原材料の制約

  • ジャパニーズウイスキーには、麦芽、穀類、日本国内で採水された水の使用が限定されています。
  • 麦芽は必ず使用しなければなりません。

② 製造の要件

  • 糖化、発酵、蒸留は、日本国内の蒸留所で行う必要があります。
  • 蒸留の際のアルコール分は95度未満とされています。

③ 貯蔵期間の規定

  • ジャパニーズウイスキーは、700リットル以下の木製樽に詰められ、貯蔵期間は起算して3年以上日本国内で行われます。

④ 瓶詰めの条件

  • ウイスキーは、日本国内で容器詰めされる必要があります。
  • 充填時のアルコール度数は40度以上となります。

これらの自主基準を満たすウイスキーは、一般的には5,000円以上の価格帯になります。しかし、低価格で購入できるジャパニーズウイスキーを選ぶ場合には、特別な選定基準が適用されます。以下は私たちが選定する際に使われる基準です。

  • 価格帯が5,000円(税込)未満であること
  • 日本の原酒を使用していること
  • 海外からの輸入原酒がブレンドされている場合、その旨が商品のラベル等で明示されていること

これらの基準を満たすジャパニーズウイスキーは、低価格帯でも品質と味わいの良い選択肢となります。私たちは特別な選定基準を導入することで、多くの方々におすすめのジャパニーズウイスキーを紹介できるようにしています。

ジャパニーズウイスキーの自主基準により、消費者は明確な情報を得ることができるだけでなく、商品の品質や製造過程に対する信頼性も高まります。これにより、ジャパニーズウイスキーのブランド価値が向上することでしょう。

まとめ

ジャパニーズウイスキーは、世界中で注目を浴びる人気の高いウイスキーです。特に安価な価格帯で手に入るジャパニーズウイスキーは、多くの方々にとって魅力的な選択肢となっています。この記事では、安価なジャパニーズウイスキーを選ぶための基準やおすすめの銘柄について詳しくご紹介しました。

安価なジャパニーズウイスキーを選ぶ際には、価格帯などの基準を考慮しながら自分に合ったウイスキーを見つけることが大切です。また、ジャパニーズウイスキーの自主基準にも注目しましょう。これにより、消費者は信頼性の高い情報を得ることができます。

さらに、記事ではおすすめの安価なジャパニーズウイスキーの銘柄もご紹介しました。これらのウイスキーは、手に入りやすくコストパフォーマンスが良いため、幅広い方におすすめです。

ジャパニーズウイスキーの魅力を存分に楽しむために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。安価なジャパニーズウイスキーを手に入れ、その美味しさを堪能してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次