Bespoken Spirits蒸留所、高待遇で新規雇用【Lexington Herald Leader】

新しいスピリッツ製造会社、Bespoken Spiritsがレキシントンの北側に進出し、蒸留所を設立する計画を立てています。この会社はサンフランシスコからGreyline Stationに移転する予定で、これにより$3.2 millionの投資を行い、16の新しい職を生み出すこととなります。このプロジェクトには、野球の殿堂入り選手であるDerek Jeterや、Clos de la Techのオーナー兼主任ワインメーカーである元Cypress SemiconductorのCEO、T.J. Rodgersなど、著名な投資家が関与しています。

ケンタッキー経済開発金融局(Kentucky Economic Development Finance Authority)は、会社が次の10年間でフルタイムの職を提供し、福利厚生を含む平均時給が$70.77となることを条件に、最大$500,000の税制上のインセンティブを承認しました。

Bespoken Spiritsは、2019年に設立されたスタートアップの蒸留所で、これまでウイスキーのブレンド作業を主に行ってきました。しかし、ケンタッキー州に進出すると、蒸留を追加する計画があると発表されました。

Bespokenのバーボンはどのように異なるのでしょうか?Bespokenの製法には、オーク材の小片を使用して独自のフレーバーを作り出す工程が含まれています。Bespokenは、ウイスキーの熟成を迅速に進めるために、蒸留物が触れる表面積を増やすための特別な方法を採用しています。この方法では、小さなオーク材の小片を工業用のオーブンで焼き、ウイスキーの熟成を加速させています。

2023年9月1日(金)「Lexington Herald Leader」

Want to make $70 an hour, including benefits? New Lexington distillery will have jobs

https://www.kentucky.com/lexgoeat/bourbon/article278827029.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次