魅惑のジャパニーズウイスキー!その歴史・魅力・選び方を極める

whisky

ジャパニーズウイスキーは近年、世界的に高い評価を得ているお酒ですが、その魅力をご存知でしょうか?本記事では、ジャパニーズウイスキーの歴史や魅力、世界での評価や人気、おすすめの銘柄と味わい、選び方のポイント、そして様々な飲み方まで、ジャパニーズウイスキーについて詳しく解説します。これを読めば、あなたもジャパニーズウイスキーの虜になること間違いなし!それでは、一緒にジャパニーズウイスキーの世界を楽しみましょう。

目次

1. ジャパニーズウイスキーとは

Japanese Whisky

ジャパニーズウイスキーは、日本で生産されるウイスキーのことを指します。スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダと並んで世界五大ウイスキーの一つに数えられており、その評価は近年になってさらに高まっています。

ジャパニーズウイスキーは、スコッチウイスキーを手本に製造されました。日本でウイスキーの製造が始まったのは1870年頃でしたが、販売用の生産が開始されたのは1924年のことでした。

日本法におけるウイスキーの定義は他の国と比べて緩く、原酒の要件などに制約が少ないことが特徴です。これにより、日本国内には30カ所以上のウイスキー蒸留所が存在しています。大手企業だけでなく、新興の蒸留所によるクラフトウイスキーも増えており、多様な銘柄が展開されています。

ジャパニーズウイスキーは、スモーキーなフレーバーが抑えられていてすっきり飲めるものから、香り高く複雑な味わいのものまでさまざまな特徴を持っています。口当たりがよくてクセの少ない銘柄が多く、食事との相性も良いのが特徴です。

ジャパニーズウイスキーは、国内外で高い評価と人気を得ており、世界のウイスキーコンテストで高得点を獲得することも珍しくありません。特に、ジャパニーズのシングルモルトはスコッチのシングルモルトよりも高い評価を受けています。

次のセクションでは、ジャパニーズウイスキーのおすすめの銘柄とその味わいについてご紹介します。

2. 世界での評価と人気

whiskey

世界的な評価

最近、ジャパニーズウイスキーは世界中で評価が高まっています。国際的な品評会での優れた成績や受賞の数々は、その品質と味わいの素晴らしさを証明しています。

ウイスキーマガジンの評価

ジャパニーズウイスキーは、ウイスキーマガジンが主催するブラインド・テイスティングでも高い評価を得ています。特に代表的な銘柄である余市と山崎は、スコッチのシングルモルトよりも評価が高いとされています。

国際的なコンペティションでの成績

さらに、ジャパニーズウイスキーは様々な国際的なコンペティションでも優れた成績を収めています。例えば、ニッカウヰスキーの「シングルカスク余市10年」はウイスキーマガジンのワールドウイスキーアワードで最高得点を獲得し、メルシャンの「軽井沢ピュアモルト12年」はインターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)で金賞を受賞しています。

世界のトップウイスキーに選ばれる

ジャパニーズウイスキーは世界でも注目されており、数々の賞を受賞しています。山崎シングルモルト・シェリーカスク2013は、英ウイスキーガイドブック「ワールド・ウイスキー・バイブル2015」で世界最高のウイスキーに選ばれ、サントリーの「響21年」はインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)でワールドウイスキー部門の「トロフィー」を獲得し、さらに「シュプリームチャンピオンスピリット」という称号を獲得しました。

人気の急増

これらの受賞や評価は、ジャパニーズウイスキーの高品質と世界的に認められた味わいの素晴らしさを証明しています。その結果、ジャパニーズウイスキーの輸出が急増し、ますます人気が高まっています。

3. おすすめの銘柄と味わい

whisky

ジャパニーズウイスキーには様々な種類があり、それぞれ個性的な特徴や味わいがあります。以下では、おすすめの銘柄とその特徴を紹介します。

サントリー(SUNTORY) 山崎 12年

  • 美しい琥珀色の液色と高級感のあるラベルが特徴的です。
  • 京都・山崎の名水と熟成を経たモルト樽の原酒を使用しています。
  • バニラのような甘い香りと濃厚な味わいが特徴です。
  • ミズナラ樽やシェリー樽の味わいも重なり、複雑で奥深い味わいに仕上がっています。

サントリー(SUNTORY) 白州

  • 山梨県北杜市の自然豊かな「森の蒸留所」で造られます。
  • 南アルプスの天然水を使用したモルト原酒を厳選して組み合わせています。
  • フレッシュな香りとややスモーキーなフレーバーがあり、ほのかな甘みを感じることができます。
  • フルーティな香りが引き立つハイボールがおすすめの飲み方です。

ニッカ ウヰスキー(NIKKA WHISKY) シングルモルト 余市

  • ニッカウヰスキーの創始者、竹鶴政孝が余市の地で造ったジャパニーズウイスキーです。
  • 力強い味わいを持ちながらも柔らかくクリーミーな口当たりが特徴です。
  • 甘い香りやスモーキーさ、濃厚な甘みが絶妙に組み合わさっています。

ニッカウヰスキー(NIKKA WHISKY) シングルモルト 宮城峡

  • 宮城峡で造られたジャパニーズウイスキーです。
  • 柔らかい山の水とスチーム蒸留による製法で、洗練された味わいが特徴です。
  • フルーティーな香りとモルトの甘み、樽の香りが調和し、なめらかな口当たりが楽しめます。

松井酒造 マツイピュアモルトウイスキー 倉吉シェリーカスク

  • 鳥取県倉吉市の倉吉蒸留所で造られるジャパニーズウイスキーです。
  • フルーツやチョコレートのような甘い香りが特徴です。
  • レモングラスを思わせる柑橘系の酸味と調和し、バランスの良い味わいを楽しむことができます。

江井ヶ嶋酒造 ホワイトオークシングルモルト あかし

  • 兵庫県明石市の江井ヶ嶋酒造で造られるジャパニーズウイスキーです。
  • アメリカンオークシェリー樽原酒とバーボン樽原酒のバッティングが特徴です。
  • 複雑で奥行のある味わいを楽しむことができます。

これらのジャパニーズウイスキーは、それぞれ異なる個性と味わいを持っています。予算や味の好みに合わせて選ぶことをおすすめします。また、飲み方によってもさまざまな楽しみ方がありますので、ぜひ自分の好みに合う銘柄と飲み方を探してみてください。

4. 選び方のポイント

whisky

ジャパニーズウイスキーを選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮すると良いでしょう。以下に、選び方のポイントをご紹介します。

4.1 予算に合わせて選ぶ

まずは、予算を考慮してジャパニーズウイスキーを選びましょう。初心者の方は、価格帯を決めてから選ぶことがおすすめです。

  • 普段の晩酌で気兼ねなく飲みたい場合は、1500円未満のリーズナブルな銘柄が最適です。
  • 毎日少しずつ飲みたい場合は、1500~3000円程度の価格帯がおすすめです。
  • 贈り物として探している場合は、3000円以上の銘柄を選ぶと喜ばれることでしょう。

ただし、長期熟成酒や原酒不足から出荷数が少ない銘柄は高価になる傾向がありますので、余裕を持った予算設定が大切です。

4.2 飲み方から選ぶ

自分の好みや飲み方に合わせてジャパニーズウイスキーを選ぶことも重要です。以下に、飲み方別の選び方のポイントをご紹介します。

  • ハイボールが好きな方には、クセの少ないブレンデッドウイスキーやグレーンウイスキーがぴったりです。
  • ストレートやロックで飲みたい場合は、個性豊かなシングルモルトウイスキーが美味しく楽しめます。

好みや飲み方を考慮して銘柄を選ぶと、より一層ウイスキーの味わいを楽しむことができます。

4.3 香りや味の特徴から選ぶ

さらに、香りや味の特徴を考慮して銘柄を選ぶこともおすすめです。以下に、特徴から選ぶポイントをご紹介します。

  • 自分の好みに合わせるために、ピート香の強さをチェックすることができます。
  • シングルモルトウイスキーは、蒸留所によって味が異なりますので、蒸溜所ごとの特徴を把握して選ぶと良いでしょう。
  • ブレンデッドウイスキーやグレーンウイスキーも、メーカーや銘柄によって味に特徴がありますので、比較検討して選ぶことがおすすめです。

香りや味の特徴に注目して銘柄を選ぶと、自分の好みに合ったジャパニーズウイスキーを見つけることができます。

以上が、ジャパニーズウイスキーを選ぶ際のポイントです。予算や好み、香りや味の特徴などを考慮しながら、自分に合った1本を見つけてみてください。素敵なウイスキータイムをお過ごしください!

5. 様々な飲み方

whiskey

ジャパニーズウイスキーを楽しむためには、さまざまな飲み方があります。個々の好みや気分に応じて選ぶことができるので、ひとつずつ試してみてください。

ストレート

ウイスキーの味わいをそのまま楽しむために、ストレートで飲む方法があります。ストレートとは、ウイスキーに何も加えずにそのまま飲むことです。ウイスキーの香りや旨味が際立ち、個性的な味わいが楽しめます。ただし、ウイスキーの度数が高いため、少しずつ舐めるように飲むことをおすすめします。

ロック

ロックは、氷が入ったグラスにウイスキーを注いで飲む飲み方です。氷の効果により、ウイスキーが冷えて口当たりがキリッとします。時間が経つと氷が溶けてウイスキーが薄まるため、苦手な人でも飲みやすいとされています。特別なロックグラスや丸氷を用意すると、よりおしゃれな雰囲気で楽しめます。

トワイスアップ

ウイスキーと常温の水を1:1の割合で混ぜるトワイスアップは、ウイスキーの香りを保ちながらアルコール度数を抑える飲み方です。芳醇な香りが楽しめるため、香りを引き立たせるためのテイスティンググラスやワイングラスと合わせるとおすすめです。

ハイボール

ウイスキーに炭酸水を加えるハイボールは、ウイスキーの味わいを残しながらも程よく薄まり、爽やかな口当たりが特徴です。特にしっかりと冷やした炭酸水を使用すると、おいしさが引き立ちます。食事との相性も良いため、食中酒としてもおすすめです。

ホットウイスキー

寒い季節には、ホットウイスキーを楽しむこともあります。耐熱性の高いグラスにウイスキーとお湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。温まることでウイスキーの香りが一層引き立ち、味わいだけでなく香りも楽しむことができます。お湯の量はお好みで調整しましょう。

以上がジャパニーズウイスキーのさまざまな飲み方です。自分の好みやシチュエーションに合わせて、ひとつずつ試してみてください。新たな楽しみ方や魅力を見つけるかもしれません。

まとめ

ジャパニーズウイスキーは、日本で生産されるウイスキーであり、近年ますます高い評価と人気を得ています。日本国内には30カ所以上のウイスキー蒸留所が存在し、多様な銘柄が展開されています。ジャパニーズウイスキーは、スモーキーなフレーバーが抑えられていてすっきり飲みやすいものから、香り高く複雑な味わいのものまで幅広い特徴を持っています。世界的な評価も高く、ジャパニーズウイスキーの輸出も増えているほどです。おすすめの銘柄もたくさんありますので、予算や好みに合わせて選んでみてください。さまざまな飲み方もありますので、自分の好みや気分に合わせて楽しんでください。ジャパニーズウイスキーとともに、素敵なウイスキータイムをお過ごしください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次