お手頃価格で楽しむ!厳選ジャパニーズウイスキー3選

whisky

ウイスキーラブをリーズナブルに楽しみたい方に朗報!日本国内のおいしいジャパニーズウイスキーを厳選しました。お値段もお手頃なので気軽に楽しむことができます。この記事で安くておいしいおすすめのジャパニーズウイスキーを3本紹介し、その歴史や楽しみ方も学べます。さっそくウイスキー愛好家もビギナーもお気に入りの一本を見つけましょう!

目次

1. はじめに:安くておいしい国内製造ウイスキーの紹介

whiskey

日本国内で手頃な価格で購入できるおいしいウイスキーをご紹介致します。この記事では、国内の企業が造るウイスキーを中心に取り上げ、ジャパニーズウイスキーには法定義が存在しない点に注意してください。しかし、日本洋酒酒造組合が設けた一定の基準により、ジャパニーズウイスキーの品質が確保されています。

時価3000円以内で購入できるおすすめのウイスキー3本を厳選しました。ジャパニーズウイスキーの品薄や価格高騰が続く中、これらのウイスキーは庶民の味方となる美味しい選択肢です。ぜひ最後までご覧ください。

※2022年12月時点のアマゾン税込価格を基に選出しています。

  • ユースケ
  • ジャパニーズウイスキーと日本企業が造るウイスキーの違い
  • 国内ウイスキー市場の変遷

ウイスキーを楽しむ際には、自分の好みに合った銘柄や飲み方を見つけることが重要です。高価格なウイスキーが必ずしも美味しいとは限らず、安価なウイスキーでも高い品質を備えたものが存在します。原産国やメーカーによっても味わいが異なるため、自分に合った1本を見つけるためにも安価なウイスキーから飲み比べてみることをおすすめします。

ウイスキーの魅力は、多種多様なカクテルを楽しめる点にもあります。手頃な価格のウイスキーを使ってオリジナルのカクテルを作ってみるのも楽しみの一つです。ぜひ自分の好みに合ったウイスキーを見つけて、至福のひとときをお過ごしください。

次のセクションでは、ジャパニーズウイスキーの歴史について詳しくご紹介します。

2. ジャパニーズウイスキーの歴史

Whiskey

ジャパニーズウイスキーの歴史は、1853年に始まります。この年、ペリー提督による黒船来航の時に初めてウイスキーが日本に登場しました。しかし、国内でのウイスキーの需要はまだ広がっておらず、輸入が始まったのもそれから数十年後のことでした。1923年になって初の国産ウイスキーが登場したことで、ジャパニーズウイスキーの歴史が本格的にスタートしました。

その後、ジャパニーズウイスキーは世界でも評価を受けるようになり、世界5大ウイスキーの一つにも数えられるほどの進化を遂げました。特に竹鶴政孝氏の半生を描いたドラマ「マッサン」が放送されたことにより、ジャパニーズウイスキーへの注目が一気に高まりました。

しかしその一方で、ジャパニーズウイスキーの需要が急激に拡大したために原酒不足という問題も生じました。この原酒不足が主な理由となり、多くの国産ウイスキー銘柄が終売や値上げを余儀なくされたのです。

現在では、原酒不足の中でも各メーカーがアイデアと技術力を駆使し、コスパの良いウイスキー作りに励んでいます。ジャパニーズウイスキーの中でも「安くて美味い」と思えるおすすめの銘柄を紹介します。

2-1. 国内で人気の高いジャパニーズウイスキー銘柄

以下は、国内で人気の高いジャパニーズウイスキー銘柄の一部です。

  1. 山崎
  2. 白州
  3. 竹鶴
  4. 余市
  5. 宮城峡

これらの銘柄は、長い歴史と高い品質が特徴であり、世界でも評価を受けています。しかし、原酒不足の影響で生産量が激減し、日本国内でも定価よりも高値で流通しているのが現状です。また、世界中の多くのウイスキーファンも熱狂し、世界では定価の何倍もの価格で流通しています。

2-2. 低価格帯のジャパニーズウイスキーおすすめ10選

以下は、低価格帯のジャパニーズウイスキーの中でもおすすめの10銘柄です。

1位. イチローズモルト&グレーン ワールドブレンデッド(3,850円)
2位. 岩井トラディション(2,200円)
3位. シングルモルト余市(4,900円)
4位. シングルモルト宮城峡(4,300円)
5位. サントリー知多(3,500円)
6位. マルスモルテージ越百(4,500円)
7位. フロムザバレル(3,500円)
8位. ニッカ セッション(3,300円)
9位. スーパーニッカ(2,500円)
10位. サンシャインウイスキープレミアム(2,200円)

これらの銘柄は、低価格でありながらも品質が高いと評価されています。各メーカーが素晴らしいアイデアと技術力でコストパフォーマンスの良いウイスキー作りに取り組んでおり、飲み手にとって逆風となるジャパニーズウイスキーの中でも特におすすめです。

以上がジャパニーズウイスキーの歴史とおすすめ銘柄の紹介でした。ジャパニーズウイスキーの魅力を存分に堪能してください。

3. 日本洋酒酒造組合のジャパニーズウイスキーの定義

whisky

日本洋酒酒造組合は、2021年2月に国産ウイスキー「ジャパニーズウイスキー」の定義を初めて決定しました。ジャパニーズウイスキーを名乗るには、以下の4つの主な要件を満たす必要があります。

① 原材料

  • 麦芽を使用することが義務づけられています。
  • 日本国内で採取された水を使用することが義務づけられています。

② 製造

  • 糖化、発酵、蒸留は、国内の蒸留所で行うことが義務づけられています。
  • 蒸留時のアルコール分は、95度以下とすることが義務づけられています。

③ 貯蔵

  • 原酒を700リットル以下の木製樽に詰め、日本国内で3年以上貯蔵することが義務づけられています。

④ 瓶詰

  • 日本国内で容器詰めを行い、アルコール分は40度以上であることが義務づけられています。

これらの要件を満たすウイスキーのみが「ジャパニーズウイスキー」として認定されます。なお、この定義は日本洋酒酒造組合の自主基準であり、違反に対する罰則はありませんが、ジャパニーズウイスキーのブランド価値を守るために策定されました[^1^]。

この定義に基づくと、キリンホールディングス、サントリーホールディングス、ニッカウヰスキー(アサヒグループホールディングス傘下)がジャパニーズウイスキーの製造メーカーとなります[^1^]。

この定義により、日本洋酒酒造組合はジャパニーズウイスキーの品質と信頼性を高め、国内外での評価向上を目指しています。

【参考文献】
[^1^] 日本洋酒酒造組合|ウイスキーにおけるジャパニーズウイスキーの表示に関する基準

4. おすすめの低価格国産ウイスキー厳選3本

whiskey

今回は、おすすめの低価格でありながらも美味しい国産ウイスキーを3本ご紹介します。

1. フロム・ザ・バレル

  • アルコール度数:51%
  • メーカー:ニッカウヰスキー社
  • 価格:2,480円(税込2,728円)

「フロム・ザ・バレル」は、濃厚で繊細な味わいが特徴のブレンデッドウイスキーです。手に入りにくいウイスキーとしても知られていますが、スーパーのお酒コーナーや酒屋さんで見つけることもあります。見つかった際には、定価以下の値段で入手することができるかもしれません。

2. ブラックニッカ クリア

  • アルコール度数:37%
  • メーカー:ニッカウヰスキー社
  • 価格:290円~(180mLサイズ)

「ブラックニッカ クリア」は、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキーです。スーパーやコンビニでの流通量が多く、手に入りやすい価格帯のウイスキーです。特に180mLサイズは500円以下で入手することもありますので、初めて試す方にもおすすめです。

3. キリンウイスキー 陸

  • アルコール度数:50%
  • メーカー:キリンビール株式会社
  • 価格:1,300円前後(500mLサイズ)

「キリンウイスキー 陸」は、スーパーでもよく見かけるウイスキーですが、コスパの良さも魅力の一つです。アルコール度数も50%と高めであり、水割りや炭酸水との相性も抜群です。風味や味わいも、日本の風土や食文化に合わせて作られており、ほのかな甘い香りや澄んだ口当たりが特徴です。

これら3本のウイスキーは、低価格帯にも関わらず高品質な味わいを楽しむことができます。ぜひ晩酌のお供やプレゼントに選んでみてください。

5. ウイスキーを楽しむためのおすすめの飲み方

whiskey

ウイスキーの美味しさを引き立てるためには、さまざまな飲み方があります。以下では、ウイスキーを楽しむためのおすすめの飲み方をご紹介します。

ストレート

  • パーシンググラスに適量(30ml)のウイスキーを注ぎます。
  • ウイスキーの濃厚な風味を存分に楽しむことができます。
  • 初めての方は少量から始めて、慣れてきたら量を調整してみてください。

ロック

  • 冷たいロックグラスに氷を入れます。
  • 氷溶けることでウイスキーの風味が広がり、よりまろやかな味わいになります。
  • ロックは初心者でも飲みやすいのでおすすめです。

氷割り

  • 冷たいロックグラスに氷を入れます。
  • 適量のウイスキーと水を加えます。
  • 氷と水がウイスキーの風味を引き立て、まろやかな口当たりへと導きます。
  • アルコール度数を調整したい方に最適です。

ハイボール

  • タンブラーグラスに適量のウイスキーを注ぎます。
  • ソーダを加えて軽やかな味わいに仕上げます。
  • 爽やかなハイボールは、気軽に楽しむことができます。

トワイスアップ

  • タンブラーグラスに適量のウイスキーを注ぎます。
  • 等量の水を加えてウイスキーの風味を引き立てます。
  • アルコール度数を抑えつつも、ウイスキーの味わいを楽しめます。

ジンジャーハイ

  • タンブラーグラスに適量のウイスキーを注ぎます。
  • ジンジャーエールを加えてスッキリとした味わいにします。
  • ジンジャーエールの辛味がウイスキーと調和し、一層美味しさを引き出します。

コークハイ

  • タンブラーグラスに適量のウイスキーを注ぎます。
  • コーラを加えて甘い味わいにします。
  • ウイスキーとコーラの組み合わせは相性抜群で、クセになる美味しさです。

これらの飲み方を試してみて、自分の好みに合ったウイスキーの楽しみ方を見つけてください。好みに合わせて飲み方をアレンジすることで、手頃な価格のウイスキーも美味しく楽しむことができます。ぜひ試してみてください!

まとめ

今回は、おすすめの低価格国産ウイスキーを紹介しました。手頃な価格でありながらも高品質な味わいを楽しむことができるこれらのウイスキーは、ウイスキーファンにとっては必見の選択肢です。また、ウイスキーの美味しい飲み方についてもご紹介しました。ストレートやロックなど、自分の好みに合わせて楽しめる飲み方を見つけてみてください。ウイスキーの魅力を存分に味わいながら、至福のひとときをお過ごしください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次