隠れた逸品、厚岸ウイスキーの魅力!北海道産ジャパニーズウイスキーを徹底解剖

whiskey

日本のウイスキー業界は、近年国内外で大きな注目を浴びていますが、今回は北海道厚岸町で生産される”厚岸ウイスキー”という特別な一本にスポットを当てたいと思います。このブログでは、厚岸ウイスキーの歴史と特徴から、蒸溜所の設立、そして魅力的な二十四節気シリーズについて詳しくご紹介します。その独自の風味と厚岸の自然環境に触れることで、ウイスキー愛好家や日本酒ファンも、新たなウイスキーの世界に感動することでしょう。それでは、ジャパニーズウイスキーの隠れた逸品である厚岸ウイスキーの魅力を一緒に見ていきましょう。

目次

1. 厚岸ウイスキーの歴史と特徴

whisky

厚岸ウイスキーは、北海道・厚岸町にある厚岸蒸留所で製造される日本国産ウイスキーです。このウイスキーは、その歴史や独自の特徴により、ウイスキー愛好家から注目を浴びています。

1.1 製造者樋田恵一氏と厚岸ウイスキーの創造

厚岸ウイスキーの製造者である樋田恵一氏は、アイラモルトに魅了されたウイスキーファンです。彼はアイラのような風味を求め、ウイスキー製造の拠点として厚岸町を選びました。厚岸はアイラと同様の風土を持ち、ウイスキー造りに適した環境が整っています。

1.2 風味と製法の特徴

厚岸ウイスキーは、その製法と風味に特徴があります。厚岸蒸留所の周辺には大自然が広がり、エゾ鹿が生息していることもあります。また、厚岸町のホマカイ川の水はピート層で濾過され、アイラ島の水のような茶褐色をしています。さらに、厚岸では海藻や植物を含むピートも使用可能です。

厚岸町の寒暖の差が激しく、夏は暑く、冬は寒いため、ウイスキーの熟成に適した条件と言えます。この風土が生み出す厚岸ウイスキーは、他の地域では味わえない独特の風味を持っています。

1.3 二十四節気シリーズの魅力

厚岸ウイスキーには、二十四節気シリーズという商品ラインナップがあります。このシリーズでは、厚岸の風土や季節をテーマにしたウイスキーが作られています。各商品は、個別の特徴を持ち、香りや味わい、余韻などで感じられる季節の美しさが表現されています。

二十四節気シリーズは、春の花が咲く姿や厚岸湾の潮騒など、厳冬の時を経て変化する自然の美しさを楽しむことができます。特にこのシリーズは、厚岸の自然と風土に触発されたウイスキーであり、深い風味を堪能できます。

厚岸ウイスキーは、その特徴的な風味と高品質で高く評価されています。かつてないウイスキー体験を求める方には、ぜひ厚岸ウイスキーの歴史と特徴を知り、その素晴らしい味わいをじっくりと楽しんでいただきたいです。

2. 厚岸蒸溜所の設立とその背景

whiskey

厚岸町に位置する厚岸蒸溜所は、2016年に樋田恵一氏によって設立されました。樋田氏は若い頃からウイスキーへの情熱を抱き、特にアイラモルトに魅了されていました。厚岸を選んだ理由は、アイラの風土を持ち、ウイスキー造りに適した環境があったからです。

2.1 自然に恵まれた場所

厚岸町周辺は自然に恵まれており、エゾ鹿が生息していることでも知られています。蒸溜所の近くに流れるホマカイ川の水は、ピート層で濾過されており、アイラ島の水のような茶褐色をしています。また、厚岸では海藻や植物を含んだ自家製ピートの製造も行っています。さらに、厚岸の気候は夏は20度を超え、冬は-20度以下という寒暖の差が激しいため、ウイスキーの熟成もより一層楽しむことができます。

2.2 熱い情熱と伝統の融合

厚岸蒸溜所の設立には、樋田氏のウイスキー造りへの情熱と厚岸町の風土が結びついています。彼はスコットランドの伝統的な製法にこだわりながらも、厚岸町の環境や造り手の想いを反映させることで、独自のウイスキーを作り上げたいと考えました。

2.3 特徴的な環境での熟成

厚岸蒸溜所は、ディストラリーの隣にある第1と第2の熟成庫と、厚岸湾を見下ろす丘の上に建てられた第3の熟成庫を持っています。これらの環境の中で、厚岸蒸溜所は特徴的なウイスキーを生み出しています。

厚岸蒸溜所の設立とその背景には、ウイスキーへの情熱と厚岸町の豊かな自然が結びついています。この組み合わせによって、厚岸蒸溜所は他とは一線を画した個性的なウイスキーを生み出し、その品質は高く評価されています。

3. 北海道厚岸町の自然とウイスキー熟成環境

nature

北海道厚岸町は、豊かな自然環境が広がり、厚岸蒸留所のウイスキー作りに最適な場所です。

3.1 自然が豊かなエゾ鹿の生息地

厚岸蒸留所周辺は広大な自然が広がり、エゾ鹿が生息しています。エゾ鹿はウイスキーの製造にとって重要な要素です。地域の風土に根付いたエゾ鹿は、ウイスキーに深い風味をもたらし、独自の味わいを生み出します。

3.2 ピート層で濾過された茶褐色の水

厚岸蒸留所周辺のホマカイ川の水は、ピート層で濾過されることで茶褐色をしています。この水はアイラ島の水と同様の特徴を持ち、厚岸ウイスキーの独自の味わいを生み出す要素となっています。

  • ピート層で濾過され、茶褐色になる水
  • アイラ島の水と類似した特徴を持つ
  • 厚岸ウイスキーの独自の味わいを生み出す

3.3 土地の特徴を活かした自家製ピート

厚岸町の土地は海藻や植物を含むピートの製造に適しています。この特徴は厚岸蒸留所のウイスキー作りにおいて大きなアドバンテージとなります。自家製ピートの使用により、特別な風味や香りを持つウイスキーが生み出されます。

  • 土地の特徴による自家製ピートの製造が可能
  • 特別な風味や香りを持つウイスキーが生み出される

3.4 寒暖の差がウイスキーの熟成に影響

厚岸町は寒暖の差が激しい地域です。夏は20度を超え、冬は-20度を下回ることもあります。この寒暖の差はウイスキーの熟成に大きな影響を与えます。特に冬の寒さによってウイスキーの味わいが深まり、風味が一層豊かになります。

  • 寒暖の差がウイスキーの熟成に影響を与える
  • 冬の寒さによって味わいや風味が深まる

北海道厚岸町の自然環境とウイスキーの熟成環境は、厚岸蒸留所が特別なウイスキーを生み出すための重要な要素です。この風土が生み出す他に類を見ないウイスキーの味わいは、ウイスキーラヴァーにとって魅力的なものとなっています。

4. 二十四節気シリーズとその各商品の魅力

whiskey

厚岸ウイスキーは、日本の厚岸蒸溜所が手掛けるシリーズとして知られています。このシリーズの特徴は、二十四節気という季節の移り変わりをテーマにした商品展開です。毎回異なる節気名がつけられた商品がリリースされており、その味わいや香りは、厚岸ウイスキーならではの特徴を持っています。

二十四節気シリーズの魅力

厚岸ウイスキーの二十四節気シリーズは、その独自のコンセプトと豊かな風味が魅力です。以下に、いくつかのシリーズ商品とその魅力をご紹介します。

  1. 処暑(しょしょ):初夏のひとときを楽しむモルト。ミルクチョコレートやドライフルーツの香りが広がり、柑橘の酸味とシュガーシロップの甘さが調和します。余韻には潮の塩味やカカオビターの苦味が感じられます。

  2. 大啓蟄(けいちつ):春の訪れを祝うウイスキー。柑橘の柔らかな香りやマヌカハニーの甘さが特徴です。余韻にはホワイトペッパーや紅茶、塩レモン、カラメルの苦みと甘味が広がります。

  3. 清明(せいめい):碧く澄んだ空や丹紅の厚岸大橋を連想させるウイスキー。キャラメルファッジやバニラ、マヌカハニーの甘味が感じられます。柑橘の酸味や醤油、潮の風味も加わり、複雑な味わいが楽しめます。

これらの商品は、季節や自然の恵みを感じさせる香りや味わいが特徴的です。また、二十四節気シリーズは毎年リリースされる予定であり、全ての節気を揃えることを目指しています。

厚岸ウイスキーの特徴

厚岸ウイスキーは、厳しい自然環境の中で育まれる厚岸蒸溜所の特徴が反映されています。以下に、厚岸ウイスキーの特徴をまとめました。

  • 厚岸町の自然環境:厚岸町は北海道に位置し、海霧が発生する地域であり、ピート(泥炭)が豊富に産出される湿原地帯です。この環境は、ウイスキーの熟成にとって非常に適した条件となっています。

  • 高品質な原材料:厚岸ウイスキーは北海道産のモルトを使用しています。キーモルトには特にコストのかかる北海道産のモルトが選ばれており、風味の豊かさが特徴です。

  • スコットランドの伝統的製法による造り:厚岸蒸溜所の設備は、スコットランドの各蒸溜所と近い原酒造りの環境を再現するために、フォーサイス社の手によるものを採用しています。従来の製法にこだわりながら、厚岸町の独自の風土を生かしたウイスキーを造り出しています。

厚岸ウイスキーの二十四節気シリーズは、そのユニークなコンセプトと個性的な味わいによって、多くのウイスキーラヴァーから高い評価を受けています。ぜひ、季節ごとの移り変わりを感じながら、厚岸ウイスキーの魅力を堪能してみてください。

5. 厚岸ウイスキーの購入方法とおすすめの飲み方

whiskey

厚岸ウイスキーを購入する方法やおすすめの飲み方についてご紹介します。

5.1 購入方法

厚岸ウイスキーを購入するには、信濃屋(Shinanoya)の公式通販サイトが便利です。同サイトでは最新のウイスキー情報や特集、ランキングを定期的に更新しており、各銘柄を検索することができます。

5.2 おすすめの飲み方

厚岸ウイスキーをお楽しみいただく際のおすすめの飲み方をご紹介します。

5.2.1. ストレート

厚岸ウイスキーの素晴らしい風味を最大限に引き出すためには、ストレート(ノーマル)で飲むことがおすすめです。氷や水を加えずにそのまま飲むことで、ウイスキーの風味や香りを存分に楽しむことができます。

5.2.2. ロック

ウイスキーをロック(氷を入れた状態)で飲むことも一つの楽しみ方です。氷の溶けるスピードによって、ウイスキーの味わいが変化するため、お好みの濃さや香りに合わせて調整してください。

5.2.3. カクテル

厚岸ウイスキーを使用したカクテルもおすすめです。厚岸ウイスキーの個性的な風味がカクテルに一味加え、新たな味わいを楽しむことができます。例えば、オレンジやレモンの爽やかな酸味とウイスキーの深い味わいが調和したカクテルなどがおすすめです。

5.3 注意事項

厚岸ウイスキーを購入する際には、20歳未満の方への酒類の販売は固くお断りしておりますので、ご了承ください。

以上が、厚岸ウイスキーの購入方法とおすすめの飲み方についてのご紹介でした。お好みの飲み方で、厚岸ウイスキーの魅力を存分に楽しんでください。

まとめ

厚岸ウイスキーは、北海道厚岸町にある厚岸蒸留所で製造される日本国産ウイスキーです。その歴史や特徴、風味の魅力について詳しくご紹介しました。

厚岸ウイスキーは、アイラモルトに魅了された製造者樋田恵一氏によって創造されました。彼はアイラのような風味を求め、厚岸町をウイスキー製造の拠点に選びました。厚岸の自然環境や独自の製法によって生み出される厚岸ウイスキーは、他の地域では味わえない独特な風味と高品質で高く評価されています。

また、厚岸ウイスキーは二十四節気シリーズという商品ラインナップを展開しており、厚岸の風土や季節をテーマにしたウイスキーが作られています。その各商品は、季節の美しさや厚岸の自然の魅力を感じさせる香りや味わいが特徴的です。これらのウイスキーは、ウイスキーラヴァーにとってはかつてない体験となることでしょう。

厚岸ウイスキーの購入方法は、信濃屋(Shinanoya)の公式通販サイトからお求めいただくことができます。また、おすすめの飲み方としては、ストレートやロック、カクテルといった様々な楽しみ方があります。お好みの飲み方で、厚岸ウイスキーの魅力を存分に楽しんでください。

厚岸ウイスキーは、厳しい自然環境の中で育まれる厚岸町の風土や製法によって生み出される、他のウイスキーとは一線を画した個性的なウイスキーです。その特徴的な風味や高品質に魅了されるウイスキーラヴァーも多く、ぜひ一度足を運んでいただき、その素晴らしい味わいをじっくりと楽しんでいただきたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次