ジャパニーズウイスキーが高騰! 値上げの背景と銘柄、賢い選び方と購入時の注意点

Whiskey

日本のウイスキー業界は近年、大きな変化を遂げており、特にジャパニーズウイスキーの価格が急激に上昇していることが話題となっています。この記事では、ジャパニーズウイスキーの値上がりの背景、主要な銘柄の価格改定対象商品、その原因や影響についてまとめています。また、高騰が続く銘柄や購入時の注意点についても解説していきます。ウイスキー愛好家の方はもちろん、これからウイスキーに興味を持つ方もぜひ、最新の情報をお読みいただき、賢いウイスキー選びや購入に役立ててください。

目次

1. ジャパニーズウイスキーの値上がりの背景

whisky

日本のウイスキーは近年、値上がりを続けています。その要因として以下の要素が挙げられます。

1.1 ウイスキーブーム

2015年にNHKの連続テレビ小説「マッサン」が放送されたことをきっかけに、日本国内でウイスキーブームが起こりました。このドラマは、竹鶴正孝氏と彼の妻リタの生涯を描いており、ジャパニーズウイスキーが注目を浴びたことで一般の人々も興味を持つようになりました。

1.2 世界的な評価の向上

過去10年間で、ジャパニーズウイスキーはスコッチウイスキーやアイリッシュウイスキーと同等の評価を受けるようになりました。酒類品評会での受賞や高評価が増えたことが、世界的な関心を高める要因となっています。

1.3 供給の限定性

ジャパニーズウイスキーの生産量は限られており、ウイスキーは最低でも3年以上熟成させる必要があります。一部のブランドでは、20年以上の熟成を要することもあります。そのため需要が増えても供給を追いつけず、ウイスキーの希少性が高まって価格が上昇しています。

現在のジャパニーズウイスキーの値上がりは、これらの要因によるものです。将来的には供給が増加し、需要と供給のバランスが取れることで価格が安定する可能性もありますが、急激な価格変動も起こり得るため、高値での売買や購入を検討する際には注意が必要です。

2. サントリーの価格改定対象商品

whiskey

サントリーは、価格改定を行う商品を5つのブランドと19品目に選定しました。

サントリーウイスキー 響

  • 響30年: 値上げ幅 225%
  • 響 JAPANESE HARMONY: 値上げ幅 36%

サントリーシングルモルトウイスキー 山崎

  • 山崎25年: 値上げ幅 125%
  • 山崎12年: 値上げ幅 50%
  • 山崎: 値上げ幅 56%

サントリーシングルモルトウイスキー 白州

  • 白州25年: 値上げ幅 125%
  • 白州12年: 値上げ幅 50%
  • 白州: 値上げ幅 56%

サントリーウイスキー 知多: 値上げ幅 50%

SUNTORY WORLD WHISKY 碧Ao: 値上げ幅 20%

以上がサントリーの価格改定対象となるウイスキーブランド・品目です。価格改定幅は、従来の1.2倍から最大で2.25倍となっています。これにより、希望小売価格が大幅に値上がりすることになります。

サントリーの価格改定対象商品は、ブランドごとに値上げ幅が異なります。特に、響30年の値上げ幅が225%と大幅な値上がりとなっています。また、山崎や白州などのシングルモルトウイスキーブランドも価格改定対象となっており、値上げ幅はそれぞれ異なります。

知多や碧Aoなどの他のブランドも値上げ幅が設定されていますが、比較的低い値上がりとなっています。

これにより、サントリーのウイスキー商品の希望小売価格が大幅に値上がりすることが予想されます。消費者は価格改定後の商品価格に注意し、購入を検討する際には注意が必要です。

3. 原因と影響

whiskey

ジャパニーズウイスキーの価格高騰の原因と影響は、以下の要素が考えられます。

3-1. 需要の増加

近年、世界的にジャパニーズウイスキーに対する関心が高まり、需要が急速に増えています。しかし、供給量はあまり変わっていないため、需要と供給のバランスが崩れています。この需要の増加により、ジャパニーズウイスキーの希少価値が高まり、価格が上昇していると言えます。

3-2. 世界的な評価の向上

ジャパニーズウイスキーの品質が向上し、世界的な評価を得るようになったことも価格高騰の要因です。かつては国内市場がメインでしたが、最近では海外でも高く評価されるようになりました。そのため、海外での需要が増え、価格が上昇しています。

3-3. 原酒不足

ジャパニーズウイスキーの製造には、熟成に時間と手間がかかります。しかし、需要の増加により原酒の需要が供給を上回り、不足状態が続いています。製造量が限られているため、希少性が高まり、価格が上昇しているのです。

以上の要因が重なり、ジャパニーズウイスキーの価格が高騰し、一部の銘柄が入手困難になるなどの影響が出ています。ジャパニーズウイスキーを購入する際には、これらの要因を考慮する必要があります。

4. 高騰が続く銘柄

青空

ジャパニーズウイスキーの高騰が続いていますが、特に以下の銘柄が高い人気を集めています。

サントリー

  • 山崎
  • 白州

ニッカウヰスキー

  • 竹鶴
  • 余市
  • 宮城峡

秩父蒸留所

  • イチローズモルト

キリンシーグラム

  • 富士山麓

これらの銘柄は、高い希少性と評価を持ち、取引価格が高騰しています。特に限定ボトルや長期熟成銘柄は、希少性が高まるため、価格の高騰が続くことが予想されます。

もしジャパニーズウイスキーを購入する場合は、上記の銘柄の中から選ぶと良いでしょう。ただし、希少性の高い銘柄は価格も高くなるため、注意が必要です。お財布に優しい銘柄を選ぶことも大切です。

また、今後さらに高騰が予想されるジャパニーズウイスキーの銘柄も存在します。各メーカーの新たな限定ボトルや長期熟成銘柄に注目してみると良いでしょう。

ただし、ウイスキーの価格は市場の需要と供給によって変動するため、値上がりと値下がりのリスクも存在します。キャッシュフローに余裕がある場合や飲みたいという目的で購入する場合は問題ありませんが、投資としての購入を考える場合は注意が必要です。

ジャパニーズウイスキーの高騰が続く理由や今後の展望については、サントリーやニッカウヰスキーなどの大手メーカーの対応や市場の動向にも注目が必要です。ウイスキー愛好家や投資家の方々にとって、ジャパニーズウイスキーの市場は盛り上がりを見せており、今後の動きにも期待が持てます。

5. 購入時の注意点

whisky

ウイスキーをコレクションしたい方は、購入する際に以下のことに注意してください。

5-1. 人気な銘柄はなかなか手に入らない

人気のある銘柄は、通常の価格で酒店で手に入れるのは非常に難しいです。ウイスキーマニアは常に目当てのウイスキーがどのお店で販売されているかをチェックしているため、売り切れるのが早いのです。また、人気な銘柄の場合、価格が高騰することを予想した酒店が棚には並べず、裏で保管していることもあります。もし棚を見ても目当ての銘柄が見つからない場合は、お店のスタッフに聞いてみることをおすすめします。

5-2. 偽物に注意

ウイスキーをインターネットで購入する際には、偽物に注意が必要です。どの商品でも同様ですが、本物を装っている偽物が販売されていることがあります。ウイスキーも例外ではありません。そのため、ウイスキーをインターネットで購入する際は以下の点に注意しましょう。

  • 販売元の情報や評価をチェックする
  • 商品画像を細部まで確認する

商品画像には偽物を見抜くための証拠が写っていることがあります。枚数が少なかったり、重要な部分が写っていなかったりすることがあります。本物の画像と比較して、偽物でないかを判断しましょう。

以上の注意点を念頭に置いて、ウイスキーのコレクションを楽しんでください。高騰する銘柄や偽物に気をつけながら、お気に入りのウイスキーを見つけることができるでしょう。

まとめ

ジャパニーズウイスキーの値上がりが続く中、人気銘柄は入手困難となっています。需要の増加や世界的な評価向上、原酒不足などが価格高騰の主な要因となっています。特にサントリーの山崎や白州、響などは高い希少性と評価を持つため、取引価格が高騰しています。購入時には人気銘柄の入手困難さや偽物に気をつける必要があります。ウイスキーの市場動向やメーカーの対応にも注目し、コレクションの楽しみを存分に味わってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次