ジャパニーズウイスキー急騰!その背景と高額銘柄、今後の見通し

whisky

近年、ジャパニーズウイスキーの価格が急激に高騰していることにご存知でしょうか?この高騰現象は、さまざまな要因が絡み合って起こっています。本記事では、ジャパニーズウイスキーの高騰の背景や人気が急上昇する要因、特に高騰している銘柄や今後の価格の見通し、さらにウイスキー購入時の注意点について解説していきます。ジャパニーズウイスキー愛好家の皆さんはもちろん、これからウイスキーを楽しみたいと考えている方にも役立つ情報をお届けしますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

1. ジャパニーズウイスキーの高騰の背景

whiskey

ジャパニーズウイスキーの高騰には、いくつかの要因が存在します。以下では、その一部を紹介します。

1-1. 人気の急上昇

近年、ジャパニーズウイスキーの人気が急上昇しています。日本のウイスキーは、その品質や味わいが世界的に高く評価されており、多くのウイスキーファンが興味を持っています。特に、酒類品評会で受賞した銘柄や長期熟成のウイスキーが非常に人気ですが、供給量が需要に追いつかないため、価格が上昇しています。

1-2. 需要と供給のアンバランス

ジャパニーズウイスキーの高騰も、需要と供給のアンバランスが一因です。ジャパニーズウイスキーは生産量が限られており、供給が需要を追い抜くことができません。ウイスキーの製造には、長期の熟成が必要であり、急に生産量を増やすことは困難です。そのため、需要の増加に対して供給が追いつかない状況が続き、価格が高騰しているのです。

1-3. マッサン効果

さらに、「マッサン効果」も高騰の背景に関与しています。NHK連続テレビ小説「マッサン」の放送により、ジャパニーズウイスキーのブームが起こりました。このドラマは、ニッカウヰスキー創始者の竹鶴正孝氏とその妻リタの実話を基にした物語であり、海外でも注目されました。このドラマにより、ウイスキーに対する関心が高まり、人々の興味を引くことに成功しました。その結果、ジャパニーズウイスキーの価格も高騰したのです。

これらの要素が複合的に作用し、ジャパニーズウイスキーの価格が高騰しています。次のセクションでは、ジャパニーズウイスキーの人気が急上昇している要因について詳しく見ていきます。

2. 人気が急上昇する要因

whiskey

ジャパニーズウイスキーが急速に人気を集める要因はいくつかあります。以下にその主な要因を紹介します。

ハイボール人気の拡大

まず、ハイボールの人気拡大が挙げられます。ハイボールは、ウイスキーをソーダ水や炭酸水で割った爽やかなカクテルです。日本国内で特に若い世代を中心に広まり、ウイスキー初心者にも人気があります。

マッサン効果

また、「マッサン効果」と呼ばれる要因もあります。マッサンは、竹鶴政孝をモデルにした日本のテレビドラマです。このドラマが放送されたことで、ジャパニーズウイスキーへの関心が高まり、ウイスキーに対する認知度も上がりました。竹鶴政孝の物語は感動的であり、多くの人々の心を捉えました。

高品質な製品

ジャパニーズウイスキーが注目される理由の一つに、高品質な製品があります。日本のウイスキーは、他とは異なる独自の製法や熟成方法を持っています。たとえば、特にミズナラ樽での熟成や、細部にまでこだわって造られる製品などが挙げられます。これらの要素が、ジャパニーズウイスキーの品質の高さを生み出しています。

国内外での高評価

最後に、国内外のウイスキーコミュニティでの高い評価も人気の要因として挙げられます。近年、日本のウイスキーは国際的なウイスキーコンテストで数々の賞を受賞しています。このような評価が、国内外の消費者に対してジャパニーズウイスキーへの信頼性をもたらし、人気を加速させています。

以上がジャパニーズウイスキーの人気が急上昇している要因です。これらの要因が今後も継続することで、ジャパニーズウイスキーの人気はより一層高まっていくでしょう。

3. 特に高騰している銘柄

Japanese whiskey

ジャパニーズウイスキー市場において、特に高騰している銘柄をご紹介します。

サントリーの山崎や響

  • 山崎や響はサントリーの代表的な銘柄です。
  • これらの銘柄は定価を大幅に上回る価格で取引されています。特に響は数千万円で取引されることもあり、その価格の高騰ぶりが注目されています。

ニッカウヰスキーの竹鶴や余市

  • 竹鶴や余市はニッカウヰスキーの人気銘柄です。
  • 近年では、10万円を超える価格で取引されることも多く、山崎や響に負けず劣らずの希少性を備えています。

イチローズモルト

  • イチローズモルトも高騰している銘柄の一つです。
  • まだ蒸留所の歴史は浅いですが、世界中でファンがおり、その希少性から高い評価を受けています。

秩父蒸留所の宮城峡

  • 秩父蒸留所が製造する宮城峡も高騰している銘柄です。
  • 秩父蒸留所は規模が小さいメーカーですが、希少性が高く、取引価格も上昇しています。

キリンシーグラムの富士山麓

  • キリンシーグラムの富士山麓も高騰している銘柄の一つです。
  • 富士山麓はキリンビールが運営する蒸留所で作られるウイスキーであり、限定ボトルなども人気です。

これらの銘柄は現在非常に人気が高く、取引価格も高騰しています。持っている方は買取に出すこともお考えください。ただし、入手が困難な銘柄も多いため、注意が必要です。

4. 高騰はいつまで続くのか

whiskey

ジャパニーズウイスキーの高騰は、現在の需要と供給のバランスの問題が主な要因ですが、その持続期間を正確に予測することは難しいです。以下に、高騰が続く可能性と高騰が収まる可能性について考察します。

4-1. 高騰が続く可能性

海外の需要が伸び続ける限り、ジャパニーズウイスキーの高騰は続くと予想されます。特に中国や欧州などの海外市場での需要が高く、価格を押し上げています。

  • 海外需要の拡大: ジャパニーズウイスキーは海外でも人気が高まっており、中国や欧州を中心に需要が増加しています。この海外需要が持続する限り、高騰は続く可能性があります。
  • 投資や転売の利益: 高騰によってウイスキーの投資や転売が利益を生む可能性があるため、需要が持続する可能性も考えられます。投資家やコレクターの間で人気があり、需要が高まることで価格も上昇しているのです。
  • 供給の追いつきにくさ: ウイスキーの熟成には時間がかかるため、供給が追いつくまでには時間がかかると考えられます。新たなウイスキーを生産するには、長い年月が必要です。そのため、需要が高まっている現状では、供給不足が続き、高騰が続くことになるでしょう。

4-2. 高騰が収まる可能性

長期的に見ると、供給量が増えることで高騰が収まる可能性もあります。ウイスキーの製造には平均で9年以上かかるため、増産には時間がかかりますが、将来的には供給量が増えることが期待されます。

  • 供給量の増加: ウイスキーの製造には時間がかかるため、新たなウイスキーが市場に供給されるまでには時間がかかります。しかし、将来的には現在の需要に応えるために増産が行われることが期待されます。供給量が増えれば、高騰が収まる可能性もあります。
  • 需要の変動: 需要がピークに達し、ウイスキーブームが終息する可能性も高騰の収束要因となります。需要は変動するものであり、一時的な需要の高まりが続くわけではありません。ウイスキーの需要が低下することで、価格も落ち着く可能性があります。

現状では需要が高いため、しばらくは高騰が続くと考えられます。しかしながら、将来的には供給量の増加や需要の変動によって高騰が収まる可能性もあります。ジャパニーズウイスキーの高騰がいつまで続くのかは、今後の市場動向に注目が必要です。

ウイスキーブームは一過性のものではなく、需要の広がりがある一方で、需要と供給のバランスが取れる時期が訪れるかもしれません。

5. ウイスキー購入時の注意点

whiskey

ウイスキーをコレクションしたいと考えている方は、購入する際に以下のことに気を付けるべきです。

5-1. 人気な銘柄はなかなか手に入らない

人気な銘柄は、定価で販売されているものを酒店で手に入れることは非常に難しいです。ウイスキーマニアは、目星のウイスキーがどのお店で販売されているのかを常にチェックしているので、売り切れるのが早いからです。また、人気な銘柄であれば価格の高騰を予想した酒店が棚には並べず裏で保管していることもあります。もし棚をみても見つからない場合は、念のためお店の方に聞いてみることをおすすめします。

5-2. 偽物に注意

インターネットにて目当てのウイスキーを購入される場合は、必ず偽物に注意してください。どのようなものでもそうですが、本物を装って偽物が販売されていることはよくあります。ウイスキーでも同様です。そのため、インターネットでウイスキーを購入されるときは以下のことに注意しましょう。

  • 販売元の情報や評価をチェックする
  • 商品画像をくまなくチェックする

商品画像には偽物を示す証拠が写りかねないため、枚数が少なかったり、肝心なところが写っていなかったりします。本物の画像と比較し、偽物ではないかの判断をしましょう。

ウイスキーを売りたいと思っている方は、「ウイスキーを売るなら今が売り時」です。これまで述べてきたように、ウイスキーは現在もなお高騰を見せています。そのため、高騰が落ち着き相場が下がってしまう前に売ってしまうのが得といえます。

6-1. ウイスキーを高く売るために意識すべきこと

ウイスキーを売るときは、以下の3つを特に意識してください。

  1. 売るまでは適切に保管する
  2. 付属品をそろえる
  3. 簡単な清掃をする

まず未開封であることを大前提として、商品状態も念入りにチェックされます。ラベルが破れていないか、ホコリが溜まっていないかなど外見を整えてから買取に出してください。

以下の記事では、ウイスキー以外のお酒についても高く売る方法を解説しているので、併せてご覧ください。

ウイスキー買取はこちら

近年、国産のウイスキーは「ジャパニーズウイスキー」と呼ばれ世界各国で大きな人気を集めています。あまりの人気ぶりに高騰化してしまう銘柄が多く、ものによっては発売開始当初に比べ10倍以上の値段で取引されているボトルもあるほどです。ウイスキー人気は今なお続いており、これからさらなる高騰化が進むことが予想されています。そこでこの記事では、これから値上がりしそうなウイスキーに着目し価格情報をまとめてみました。ウイスキー好きの方はもちろん、自宅に高級ウイスキーが余っていて売ろうかどうか迷っている方や、投資目的でウイスキーの売買を検討されている方も必見です。

ウイスキーを少しでも高く売りたいなら、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 売ると決まったら早めに買取に出す
  • 可能であればまとめ売りする
  • 適切に保管しておく

それぞれの理由について、次で詳しく解説します。

売ると決まったら早めに買取に出す
ウイスキーは製造年が古くなるほど、状態が悪くなりやすいものです。少しでも状態が悪いと査定時に大きな減額をされてしまうため、売却を決めたら早めに買取に出すことが大切。特に希少なウイスキーであれば、状態の良し悪しで数万円も査定額が変わってきます。損をしないように、なるべく早く査定に出す意識を持っておきましょう。

可能であればまとめ売りする
ブランド品やゲームなどと異なり、お酒の買取を利用する方は比較的少ないです。そのため、買取店では再利用してもらえるよう、たくさん売却してくれる方に対してサービスを行う場合があります。絶対ではないですが、査定士がプラス評価をしてくれる可能性も考慮して、なるべくまとめ売りをするようにしましょう。

適切に保管しておく
ウイスキーに限らず、お酒は保存状態が良くないとすぐに状態が悪くなってしまいます。状態の悪いウイスキーは、買取してもらえない可能性もあるため、普段から適切に保管しておくことが大切です。特に温度管理は重要で、直射日光が当たったり、温度が高すぎたりすると、高価なウイスキーも一瞬で価値がなくなるでしょう。美味しくウイスキーを嗜むうえでも大切なので、売却するしないに関わらず、適切な保管方法は知っておくべきだと言えます。

ウイスキー買取はこちら

日本のウイスキーは「ジャパニーズウイスキー」と呼ばれていて、世界的に注目を集めています。ジャパニーズウイスキーにはシングルモルトやブレンデッドウイスキーなどの種類があり、銘柄ごとに異なる個性があります。今回はそんなジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄を紹介していきます。ジャパニーズウイスキーの魅力や特徴もお伝えしていくので、ウイスキー好きの方は必見です。

各メーカーが今すぐ増産をしても、熟成したウイスキーが市場に出回るまでは最低でも10年以上の年月がかかります。希少なウイスキーは当分の間、プレミア価格で販売されることになりますし、市場に流通している量が減れば、入手が難しくなる銘柄も増えることでしょう。

しかし、国産の高価なウイスキーだけに絞るのではなく、国産のリーズナブルな銘柄や、スコッチやアイリッシュなど海外のウイスキーにも、美味しいものは数多くあります。銘柄にこだわるのではなく、味わいやコストなどからお店に合うウイスキーを仕入れてみてはいかがでしょうか。

「飲食店ドットコム 食材仕入先探し」では、こだわりの食材を扱う仕入れ業者をたくさんご紹介しています。食材の仕入れ先をお探しの方は、マッチングサービスをご利用ください。

ジャパニーズウイスキーの高騰に関する現状を踏まえた上で、高騰が落ち着くまで待てないと考える方も多いことでしょう。

最後に、高騰しているジャパニーズウイスキーを今購入したい方に向けて注意点を2つ解説します。

酒店で探す難易度は非常に高い

高騰しているジャパニーズウイスキーを定価で購入するために酒店で探す難易度は非常に高いです。なぜなら、他の人も定価で購入するために常に多くの人によって監視されているため、販売されたとしてもあっという間に売り切れてしまうからです。また、酒店も販売すればすぐに売り切れることが分かっているので、あえていくつかの在庫を販売せずに保管していることもあります。

このような状況から酒店の商品棚に置いてあるケースは少ないため、高騰しているジャパニーズウイスキーを酒店で探す難易度は非常に高いといえるでしょう。

ネットオークションなどで購入するなら偽物に注意

酒店などで売っていない状態で確実に入手するならインターネットに頼るしかありません。割高での購入になりますが、今すぐ人気のジャパニーズウイスキーを手に入れたいならインターネットから探してみましょう。

しかし、インターネットを利用して人気のウイスキーを購入するなら偽物には必ず注意を払うようにしてください。ジャパニーズウイスキーが高騰によって単価が大きく上昇した影響で、ネットオークションを中心に山崎などの人気ウイスキーの偽物の被害が発生しているようです。

ウイスキーボトルの写真を全体像しか公開しておらず、細部まで写真を撮影していない出品は偽物のケースがあるので、購入しないようにしましょう。特に偽造を判断しやすいキャップ部分の写真があるかどうが重要になります。また、販売元や、出品者の情報を確認して悪評がついていないか確認も大事です。できる限り安く買いたいと思うかもしれませんが、他の出品と比較して価格が安すぎる場合も偽物を疑ったほうがよいでしょう。

ジャパニーズウイスキーの父、竹鶴政孝の功績もありジャパニーズウイスキーの人気はしばらく続く模様です。ジャパニーズウイスキーを購入したい人は世界に広がっているため、需要の高まりから買取価格も当分あがっていきそうです。買取にあたっては、今回紹介したお店をはじめ、幾つかの買取店に仮査定を頼み、適切な価格で買取してもらうのがおすすめです。

ジャパニーズウイスキーについてもっと知りたい方は、以下の動画もチェックしてみてくださいね.

VIDEO

評価されるなど世界的に注目され始めた。ウイスキーは製造工程で数年~数十年も熟成させるため、ハイボール流行前と比べて出荷が2倍以上に伸びると対応が難しくなってきた。海外人気を象徴するのが競売価格の高騰だ。昨年、サントリーの「山崎55年」は米国で約8100万円で落札された。埼玉県の蒸留所で製造された高級ウイスキー「イチローズモルト」のセットは2019(令和元)年、香港の競売で約1億円の高値がついている。
新型コロナウイルス禍の渡航制限が緩和されたことで、訪日外国人旅行客が本国では入手困難なジャパニーズウイスキーをお土産に選ぶケースも増えている。
国税庁によると、ウイスキーの輸出額は平成26年に58億円だったが、年々増加し、昨年は約10倍まで伸長した。全酒類の中でも輸出額はトップだ。農林水産省による農産品輸出の重点品目にも指定されており、官民を挙げて国産ウイスキーの輸出強化を進めている。
市場縮小が続く「冬の時代」を乗り越え、ようやく花開いたジャパニーズウイスキー。とはいえ、安定供給を目指し大型投資に踏み切っても、原酒を出荷できるまでに数年単位の時間がかかり、すぐには品薄状態を解消することはできないでしょう。

[Word count: 510]

まとめ

ジャパニーズウイスキーは世界的に人気が高まり、価格も高騰しています。特に希少な銘柄はその価値がさらに上がり、コレクター達の注目を集めています。しかしながら、需要と供給のアンバランスやウイスキーの熟成には時間がかかるため、高騰はしばらく続く可能性があります。また、現在の需要の高さやウイスキーへの投資ニーズも高まっており、高騰が今後も続く要因となっています。ジャパニーズウイスキーの高騰に乗り遅れないためにも、早めの購入や持っているウイスキーの売却を検討することをおすすめします。ただし、購入時には偽物に注意し、販売店や買取店の信頼性を確認することが重要です。ウイスキーの人気は今後も続くことが予想され、需要と供給のバランスが取れる時期はまだ訪れないかもしれません。ウイスキー愛好家やコレクターにとってはチャンスとなるかもしれませんが、注意を怠らずに取り組むことが大切です。ジャパニーズウイスキーの高騰に注目し、今後の市場動向を見極めて、適切なタイミングでの購入や売却を行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次