ジャパニーズウイスキー価格下落の真相!市場の動向を徹底解説

whiskey

ジャパニーズウイスキーは、近年世界中で注目を集め、高騰する価格が話題となっています。しかし、同時に相場の変動も激しく、特に下落する時期やコンディションについてはウイスキー愛好家や投資家たちにとって気になるポイントです。本記事では、ジャパニーズウイスキーの価格下落とそれに伴う推移について詳しく解説していきますので、ウイスキー市場の動向を把握するために役立ててください。

目次

1. ご来店ありがとうございます

whiskey

初めてのご来店、心より感謝申し上げます。ウイスキー買取専門店JOYLABです。

当店では、お客様のお持ちのジャパニーズウイスキーや他のお酒を高価買取しております。近年、日本のウイスキー市場は相場の変動が激しく、特にジャパニーズウイスキーは再び上昇傾向にあります。

ご来店いただいた方々からは、以下のようなニーズ・要望をいただいております。

  1. 外国人の方に勧められたけれど、ウイスキー自体は飲まないので売りたい
  2. 家族が集めていたお酒を整理したい
  3. ウイスキーのコレクションを現金に換えたい
  4. 昔買ったウイスキーが相場が高騰しているか気になる
  5. 飲食店の経営が苦しいため、売れるお酒は手放したい

大黒屋質上野御徒町店では、上記のようなご要望にしっかりとお応えするため、スタッフ一同で丁寧な査定と迅速な現金支払いを心掛けております。お酒の査定については、店舗へのご来店以外にも、お電話やメール、LINEでも対応しております。ご自宅でお写真を撮っていただき、査定金額をお伝えいただくことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

また、お酒の買取に関するランキング情報も定期的に更新しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

お越しいただきましたこと、心よりお礼申し上げます。JOYLABでは、これからも高値で安心なお取引を心掛け、お客様の満足を追求してまいります。

2. ジャパニーズウイスキーの相場の変動

Japanese whisky

ジャパニーズウイスキーの相場は常に変動しており、需要と供給のバランスや市場のトレンドによって影響を受けます。ここでは、いくつかのジャパニーズウイスキー銘柄の相場の変動を紹介します。

山崎(サントリースピリッツ 山崎蒸留所)

山崎ウイスキーは、日本を代表するジャパニーズウイスキーの一つであり、特に「山崎12年」「山崎18年」「山崎25年」といった年代物は人気が高く、価格も高騰しています。

以下はヤフオクでの山崎ウイスキーの落札相場の推移です。

  • 2008~2009年: 50,000~70,000円
  • 2010~2012年: 60,000~100,000円
  • 2013年: 90,000~120,000円
  • 2014年: 100,000~150,000円
  • 2015年: 200,000~250,000円
  • 2016年: 250,000~280,000円
  • 2017年: 280,000~350,000円
  • 2018年: 350,000~400,000円
  • 2019年: 550,000~640,000円
  • 2020年: 600,000~700,000円
  • 2021~2023年: 1,000,000~1,100,000円
  • 2024年現在: 1,250,000~1,350,000円

2008年頃は50,000~70,000円程度で落札されていましたが、2024年現在では1,250,000~1,350,000円となり、約15倍の価格になっています。

その他の銘柄の相場

ジャパニーズウイスキーの相場は下がっているものの、特に投資対象とされる高級ウイスキーは大幅に下落しています。一方で、洋酒などは比較的安定した相場が続いています。

以下にいくつかの銘柄の相場の変動を示します。

  • 響21年: 元々の定価32,000円から市場価格は60,000円~70,000円となり、定価の2倍以上で取引されています。

ウイスキーの相場は下がっているものの、まだまだプレミア価格がついていることに変わりはありません。また、特定の銘柄においては需要と供給のバランスにより、市場価格が落ち着いてきたものもあります。

ジャパニーズウイスキー市場では今後も相場の変動が予想されますので、注意が必要です。

3. 高値がつくサントリー山崎55年

whisky

サントリーの山崎55年は、世界中で高値がつく人気のあるウイスキーです。その魅力と騒がれる理由をご紹介します。

なぜ山崎55年は高値がつくのか?

  1. 高齢酒であるため、非常に希少価値が高い。
  2. 山崎ブランドの高い評価と信頼性。
  3. 抽選販売など限定性のため、入手困難な商品であること。

抽選販売と価格の上昇

山崎55年は抽選販売で入手することができます。販売数が限られているため、非常に競争率が高く、入手困難な状況が続いています。そのため、市場では高値がつく傾向にあります。

また、山崎55年は発売当初よりも価格が上昇しています。2014年には定価が300万円でしたが、わずか2か月後のオークションでは約8,515万円で取引されたほどです。このような価格の騰落は、ウイスキー市場の需要や投機志向によるものと考えられます。

山崎55年の魅力

山崎55年は、その味わいと香りにおいて非常に高い評価を受けています。熟成された樽から引き出される深い風味と、まろやかな口当たりが特徴です。一滴あたりの価格が214円とも言われる山崎55年は、贅沢な時に楽しむべき逸品であり、コレクターにとっても貴重な存在です。

まとめ

サントリーの山崎55年は、世界中で高値がつく人気のあるウイスキーです。その魅力と高値がつく理由についてご紹介しました。入手困難だけに、コレクターたちの注目を集めています。価格が高騰している今のうちに手に入れておくのもおすすめです。

4. イチローズモルト・カードシリーズの落札情報

whiskey

イチローズモルト・カードシリーズは、ウイスキーファンの間で非常に人気のあるコレクターズアイテムです。このシリーズは、数種類の希少なウイスキーがカードの形状で発売されており、そのデザインと希少性から高価な落札価格がつくことでも知られています。

最も落札価格が高いのは、イチローズモルト・カードシリーズの中でも特に希少な「黒猫 黒トカゲ」と呼ばれるカードです。このカードは、数量限定で発売されたものであり、ウイスキーの銘柄としても非常に評価されています。そのため、コレクターたちの間では非常に人気があり、高額な値段で取引されることが多くなっています。

次に高い落札価格をつけるのは、「白グローブ・ペンギン」や「青グローブ・チュウリップ」といったカードです。これらのカードも数量限定で発売されたものであり、その美しいデザインと希少性から非常に人気があります。また、イチローズモルト・カードシリーズは定期的に新しいカードが発売されるため、コレクターたちは常に入手困難なアイテムを追い求めて競争しています。

ただし、イチローズモルト・カードシリーズの落札価格は非常に高額なものが多いです。特に、希少性が高いカードほど高い価格がつく傾向にあります。そのため、コレクターたちは入手困難なカードを手に入れるために、競り合いや個人間の取引を行っています。

イチローズモルト・カードシリーズは、ウイスキーラバーにとっては非常に魅力的なアイテムですが、その高額な落札価格からもわかるように、入手することは容易ではありません。そのため、コレクターとしての興味がある方は、競売やオークションなどで落札チャンスを狙うことをおすすめします。また、カードのデザインや希少性に魅力を感じる方は、ウイスキー以外にもアートとして楽しむこともできるでしょう。

イチローズモルト・カードシリーズは、ウイスキーラバーにとっては非常に価値のあるコレクターズアイテムです。その美しいデザインと希少性から高額な落札価格がついていることが多く、コレクターたちの間で競い合いの対象となっています。入手困難なアイテムとして知られるイチローズモルト・カードシリーズは、ウイスキーファンにとっては探求心をくすぐられる存在です。

5. ウイスキー市場の価格下落と推移

whisky

最近、ウイスキー市場では価格が下落傾向にあります。2022年5月には、ウイスキーエリア全体で価格が3.8%減少し、これは2020年3月以来の大幅な下落となります。過去9年間でこのより大きな減少があった月はわずか3回しかありません。

特にアイラ島のウイスキーが影響を受けており、上位100種類のボトルのうち6.2%が値下がりしています。ボウモアもこの傾向に大きく影響されましたが、2013年以来価値が2倍以上になっているため、現在の価格減少が永続的なものかどうかはまだ判断できません。

アードベッグ、ポートエレン、ラフロイグなど、他のアイラ島のウイスキーも同様の動きをしています。しかし、キルホーマンとブナハーブンは市場での価格があまり高騰していないため、ゆるやかな値下がり傾向が見られます。

キャンベルタウン・モルト全体も7.5%減少しており、この傾向がサブブランドのヘーゼルバーンとロングロウにも影響を与えていると考えられます。

一方、ウイスキー相場情報サイト「whiskystats」によれば、価格の下落に巻き込まれずに、逆に5%上昇したボトルも報告されています。例えば、ブローラの30年ものや軽井沢シングルカスクの42年ものなどが上昇しています。

ウイスキー市場の価格は一時的に急落しましたが、現在の状況から将来の動向を正確に予測することは困難です。しかし、4月の停滞や5月の暴落を経て、将来の減少または回復に注目する必要があります。

詳細については、こちらのリンクを参照してください。

まとめ

近年、ジャパニーズウイスキー市場は相場の変動が激しく、特に高級ウイスキーの価格が高騰していました。しかし、最近のウイスキー市場では価格が下落傾向にあります。特にアイラ島のウイスキーが影響を受けており、一部の銘柄では値下がりが見られます。ただし、価格下落に巻き込まれずに上昇している銘柄もあります。ウイスキー市場の価格は一時的に急落しましたが、現在の状況から将来の動向を予測することは困難です。今後のウイスキー市場の動向に注目しながら、適切なタイミングでの取引を検討することが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次