岩井喜一郎が生んだジャパニーズウィスキーの伝説!岩井トラディションの歴史と味わい

whiskey

ジャパニーズウィスキーの歴史といえば、岩井喜一郎氏の名前が欠かせません。彼は日本のウィスキー産業の基礎を築き、後進に多大な影響を与えました。このブログでは、そんな岩井氏が生み出した伝説のウィスキーブランド「岩井トラディション」について、その歴史や味わい、おすすめの飲み方までを紹介していきます。ジャパニーズウィスキーに興味がある方はもちろん、ウィスキー初心者にも楽しんでいただける内容ですので、ぜひ最後までお付き合いください。

目次

1. ジャパニーズウィスキーの礎を築いた男たち

whisky

日本のウイスキー産業の発展において重要な役割を果たしたのが、岩井喜一郎氏と竹鶴政孝氏です。彼らはジャパニーズウィスキーの創造と普及に貢献しました。

1.1 岩井喜一郎氏の役割

岩井喜一郎氏はアルコール精製技術の第一人者として知られており、彼がジャパニーズウィスキー界における重要な存在でした。そして、彼は竹鶴政孝氏をスコットランドに派遣し、ウイスキー造りを学ばせました。この決断によって、ジャパニーズウィスキーの礎が築かれることとなりました。

1.2 竹鶴政孝氏の役割

竹鶴政孝氏は若干24歳のときにスコットランドに渡り、ウイスキー造りの研修を受けました。彼はスコットランドでの経験をまとめた「ウイスキー報告書」を岩井喜一郎氏に提出しました。この報告書は竹鶴レポートとして後に知られるようになり、国産ウイスキーの発展に大いに貢献したのです。竹鶴政孝氏の功績によって、ジャパニーズウィスキーは世界的に認められる存在となりました。

岩井喜一郎氏と竹鶴政孝氏の協力によって、ジャパニーズウイスキーは発展の道を歩み始めました。彼らの情熱と才能がウイスキー業界に大きな影響を与え、日本のウイスキー文化が育まれる契機となりました。彼らの功績は今もなお称えられ、彼らの名を冠したウイスキーは彼らの遺産を感じさせてくれます。

2. 岩井トラディションの誕生

whiskey

岩井トラディションは、岩井喜一郎氏がマルス信州蒸溜所で生み出したブレンデッドウイスキーです。彼はジャパニーズウイスキーの発展に多大な貢献をしました。

2-1. 岩井氏と竹鶴氏の関係

岩井氏は、元々摂津酒造で竹鶴政孝氏の上司でした。彼は竹鶴氏にスコットランドへの派遣を提案し、ウイスキーの製造について学ぶ機会を与えました。

2-2. 竹鶴氏の学んだ知識

スコットランドで学んだ竹鶴氏は、ウイスキーの製造法や技術に関するノートをまとめ、岩井氏に渡しました。これが後にマルスウイスキーの発展につながりました。

2-3. 一時的な生産停止と再稼働

ウイスキーの需要低迷などの理由から、岩井ポットスチルを用いたマルスウイスキーの生産は一時的に停止されました。しかし、2011年にマルス信州蒸溜所が再稼働することとなり、岩井トラディションが誕生しました。

2-4. 岩井トラディションの特徴

岩井トラディションは、モルト原酒の比率を高めることで、柿のような風味と重厚感を持った味わいが特徴です。洋梨やワインのニュアンスも感じられ、余韻もしっかりと楽しめます。

岩井トラディションは、岩井氏の功績とジャパニーズウイスキーの発展を称えるために作られました。その美味しさと歴史をぜひ一度味わってみてください。

”’

3. マルス信州蒸溜所の歴史と製法

distillery

マルス信州蒸溜所は、1985年に本坊酒造によって建設されました。しかし、ウイスキー需要の低迷により一時閉鎖され、その後2011年に再稼働しました。現在、この蒸溜所は日本で最も高い場所に位置し、美しい自然環境に囲まれています。

マルス信州蒸溜所では、見学者向けに蒸溜所見学を実施しており、製造工程を順番にたどって見学することができます。見学者は、特徴的なポットスチルを使用する蒸溜所の様子を見ることができます。このポットスチルは、岩井喜一郎氏が設計した山梨工場の設計図を基にしています。2014年には、新しいスピリットスチルに交換されましたが、岩井氏の設計を反映させたレプリカも取り付けられました。

マルス信州蒸溜所では、さまざまな設備や材料が使用されています。糖化槽はステンレス製であり、発酵槽には鋳鉄製と木製のものが使用されています。スチルのアームは下向きであり、初溜釜と再溜釜には異なった種類のコンデンサーが取り付けられています。また、原料となる麦芽は英国から輸入され、ピーテッド麦芽も使用されています。

マルス信州蒸溜所では、特殊な酵母を使用しています。具体的には、スコットランドのディスティラーズ酵母や、創業以来使用されている培養酵母などの3種類を使用しています。仕込みの水は、駒ケ岳の伏流水を120mの深さから採取しています。

熟成には、バーボン樽やシェリー樽、マディラ樽などさまざまな種類の樽が使用されています。さらに、ミズナラや梅酒樽、焼酎に使用された樽も熟成に使われています。これらの樽の使用により、マルス信州蒸溜所のウイスキーは多彩な風味を持ったものとなっています。

マルス信州蒸溜所は歴史が比較的浅いですが、元々本坊酒造が建設した山梨工場がその前身となっています。岩井喜一郎氏の設計により、ジャパニーズウイスキーの発展に貢献しました。現在でも岩井氏の意志が引き継がれ、高品質なウイスキーがマルス信州蒸溜所で製造され続けています。
”’

4. 岩井トラディションの種類と味わい

whisky

岩井トラディションは、岩井喜一郎氏への敬意を表して生まれた日本のブレンデッドウイスキーで、マルス信州蒸溜所で作られています。岩井トラディションには、以下の2つの種類があります。

4.1 岩井トラディション ワインカスクフィニッシュ

岩井トラディション ワインカスクフィニッシュは、本坊酒造が所有するワイナリーの赤ワイン樽で熟成されたウイスキーです。このフィニッシュにより、マスカットのような香りが広がり、ベリー系の甘味と酸味が感じられる銘柄に仕上がります。ワイン樽で熟成させることで、通常の岩井トラディションの風味に加え、ワイン樽の影響を感じられる味わいが楽しめます。

4.2 岩井トラディション シェリーカスクフィニッシュ

岩井トラディション シェリーカスクフィニッシュは、甘口のシェリー樽で熟成させたウイスキーです。特にペドロ・ヒメネスのシェリー樽を使用し、ブラウンシュガーやメープルシロップのような風味が加わります。このフィニッシュによって、より濃厚かつ上品な甘みを持つウイスキーとなります。シェリー樽熟成のウイスキーが好きな方にはおすすめの銘柄です。

岩井トラディションの各種類は、異なるフィニッシュが加えられ、それぞれ独自の味わいを持っています。お好みやシチュエーションに合わせて、さまざまな岩井トラディションの銘柄を楽しむことができます。

5. おすすめの飲み方

whiskey

岩井トラディションを楽しむためのおすすめの飲み方を紹介します。さまざまな飲み方を試して、自分に合ったスタイルを見つけてみてください。

ロック

岩井トラディションは冷やすことで味わいが広がり、氷が溶けることで風味が変化するので、ロックがおすすめです。甘みが強く感じられる飲み方で、岩井トラディションの個性を十分に楽しむことができます。

作り方:
1. ウイスキーグラスに岩井トラディションを注ぎます。
2. 氷を入れます。氷の量は好みに応じて調整してください。
3. ゆっくりとグラスを回しながら、ウイスキーと氷を混ぜ合わせます。
4. 味わいが広がるまで少し置いてから、ゆっくりとお楽しみください。

ハイボール

岩井トラディションはハイボールでも美味しく楽しむことができます。爽やかな酸味とすっきりとした味わいが特徴です。特にウイスキー初心者の方におすすめの飲み方です。

作り方:
1. タンブラーグラスに氷を入れます。
2. 岩井トラディションを注ぎます。
3. 炭酸水を加えます。お好みでレモンの絞り汁やライムを追加しても良いです。
4. 軽くステアします。
5. グラスにグラスを重ねるように注ぎながら、炭酸水と岩井トラディションを混ぜ合わせます。
6. グラスが冷たくなるまで待ってから、ゆっくりとお楽しみください。

その他の飲み方:
– ストレート:岩井トラディションの個性を存分に楽しむための飲み方です。パッケージには「ストレートでも美味しい」と書かれているように、シンプルにウイスキーを楽しむことができます。
– 水割り:少量の水を加えることで、ウイスキーの風味を引き立てる飲み方です。
– その他のカクテル:岩井トラディションはバランスの良いウイスキーなので、様々なカクテルにも合います。自分の好みや気分に合わせて、色々な飲み方を試してみてください。

岩井トラディションを飲む際には、ほどよい温度でお楽しみください。冷たすぎるとウイスキーの風味が鈍くなり、熱すぎるとアルコール感が強くなります。

おいしい飲み方を見つけて、岩井トラディションを存分に楽しんでください。飲みすぎには注意し、安全にお楽しみください。

まとめ

岩井トラディションは、岩井喜一郎氏と竹鶴政孝氏によって生み出された日本のブレンデッドウイスキーであり、マルス信州蒸溜所で製造されています。岩井氏と竹鶴氏の協力によってジャパニーズウイスキーは発展し、岩井トラディションは彼らの功績を称える銘柄となりました。岩井トラディションにはワインカスクフィニッシュとシェリーカスクフィニッシュの2種類があり、それぞれ異なった味わいを楽しむことができます。岩井トラディションのおすすめの飲み方としては、ロックやハイボールが挙げられます。さまざまな飲み方を試して、自分に合ったスタイルを見つけてみてください。岩井トラディションを飲む際には、ほどよい温度でお楽しみいただき、安全にお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次