ジャパニーズウイスキーの最高峰「サントリーローヤル」の世界へようこそ!

whisky

日本のウイスキー界で名声を誇る「サントリーローヤル」について、その魅力と独特の味わいをご紹介します。ジャパニーズウイスキーの最高峰とも言われるこのローヤルの歴史や、創業60周年を記念して誕生したその背景に迫ります。また、手頃な価格でありながら高品質な味わいを誇るローヤルのメリットやデメリットも解説します。これからウイスキーに興味を持たれた方も、すでにファンの方も、是非ローヤルの世界に浸ってみてください。

目次

1. サントリーローヤルの概要

whiskey

サントリーローヤルとは

サントリーローヤルは、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類が販売する純国産ブレンデッド・ウイスキーの一つです。このウイスキーは、日本洋酒酒造組合のジャパニーズ・ウイスキー表示基準に合致しています。

創業60周年を記念した特別なウイスキー

サントリーローヤルは、サントリーの前身である壽屋から60周年を記念して発売されました。創業者の鳥井信治郎氏は初代マスターブレンダーでもあり、長年にわたるウイスキーづくりの過程で培った香り・味・色の「黄金比」を体現化した一品です。

美しいボトルデザイン

サントリーローヤルのボトルは、漢字の「酒」のつくりの部分にあたる「酉」のカタチを模しており、栓は神社の鳥居をイメージしています。このデザインには、日本の伝統とサントリーの創業者の思いが込められています。

サントリーローヤルの普及と鳥井信治郎の遺作

初めは高級なウイスキーで、贈答用として富裕層に人気がありました。しかし、1980年代以降に他の種類のウイスキーがサントリーから発売され、酒税法改正によって価格が下がったことで、一般の人々にも手の届く価格となりました。鳥井信治郎は、このウイスキーの発売後2年で亡くなり、彼の遺作としても知られています。

容量とアルコール度数

現在のサントリーローヤルは容量700mlで、アルコール度数は43%です。参考価格は4290円です。

2. ローヤルのメリットとデメリット

whiskey

ローヤルのメリットとデメリットについてご紹介します。このウイスキーの特徴や好みによって、評価が分かれることもありますので、参考にしていただければと思います。

メリット

  • 低価格なのに芳醇さがある:ローヤルは比較的低価格ながら、芳醇で華やかな味わいを楽しむことができます。手頃な価格で高品質なウイスキーを求める人にはうれしい選択肢です。
  • 豊かで華やかな味わい:ローヤルは甘みや樽香が豊かで、口当たりもなめらかです。一杯の中で楽しめる味わいの変化や複雑さも魅力の一つです。
  • ジャパニーズウイスキーの良さを感じられる:ローヤルはジャパニーズウイスキーの良さを存分に感じることができるブレンデッドウイスキーです。クオリティの高さと日本独自の風味を楽しむことができます。

デメリット

  • ストレートだと接着剤のような風味をほのかに感じる:ローヤルをストレートで飲んだ場合、接着剤のような風味を微かに感じることがあります。この風味が苦手な方には少しミスマッチかもしれません。
  • スッキリと飲みたい人にはミスマッチ:ローヤルは豊かな味わいが特徴ですが、すっきりとしたウイスキーを好む方には少しミスマッチかもしれません。ロックや少量加水で飲むと、より飲みやすくなるのでおすすめです。

以上がローヤルのメリットとデメリットです。自分の好みや楽しみ方に合わせて選ぶことが大切です。ウイスキーを選ぶ際には、この情報を参考にしてみてください。

3. 価格とおすすめの容量

whiskey

価格について

サントリーのブレンデッドウイスキー「サントリーローヤル」の価格は、ローヤル¥3,806であり、ポチップ¥3,484です(2024/02/02 12:38時点、Amazon調べ)。単価は商品名から抽出して自動計算して表示されているため、一部計算結果が正しくない場合があるかもしれません。お買い物をする前に、必ずご自身でご確認ください。

おすすめの容量

ジャパニーズウイスキー「サントリーローヤル」の中でも、容量660mlの「スリムボトル」がおすすめです。それぞれの容量での価格を換算すると、スリムボトルの方がお得になることがわかります(希望小売価格:スリムボトル – 2,920円、通常ボトル – 3,360円)。
以下に、おすすめの容量での価格をまとめました。

  • ローヤル スリムボトル
  • 容量:660ml
  • 希望小売価格(税込):2,920円
  • 換算した価格(/100ml):442.4円/100ml

  • ローヤル 通常ボトル

  • 容量:700ml
  • 希望小売価格(税込):3,360円
  • 換算した価格(/100ml):480円/100ml

*注意*
価格は2024年2月時点のものです。現在の価格と異なる場合がありますので、ご了承ください。

以上が、サントリーローヤルの価格とおすすめの容量についての情報です。ぜひこの情報を参考にして、お買い物をお楽しみください!

4. サントリーローヤルの味わい

whisky

「サントリーローヤル」は、甘く華やかで芳醇な香りが特徴的なウイスキーです。シロップやオレンジピール、オーク香、ドライフルーツの香りが感じられます。

このウイスキーは豊かな味わいを持っており、王道かつクラシカルな印象があります。オーク香とドライフルーツの風味がしっかりと感じられ、モルトの甘みやわずかなシトラス、コーヒーやスパイスのニュアンスもあります。

また、余韻が長く続き、ウッディさと若干のスモーキーさが感じられます。

「サントリーローヤル」は、他のサントリーのブレンデッドウイスキーよりも上位に位置するウイスキーであり、価格に比して芳醇さが楽しめる点は驚きです。

味わいの方向性は、シングルモルトの「山崎」と似ており、ウッディで華やかな印象を持っています。

このウイスキーは美味しく、低価格で安定して供給されるため、高い評価を受けています。

5. テイスティングレビュー

whisky

「サントリー ローヤル」のテイスティングレビューでは、香り、味わい、余韻の3つのポイントを中心に評価します。

香り

「サントリー ローヤル」の香りは甘く華やかで、芳醇な香りが特徴です。シロップやオレンジピール、オークの香り、そしてドライフルーツの香りが広がります。

味わい

豊かで王道かつクラシカルな味わいがあります。しっかりとしたオークの香りやドライフルーツの味が感じられ、モルトの甘みやわずかなシトラス、コーヒー、スパイスの風味もあります。

余韻

「サントリー ローヤル」の余韻は長く続き、ウッディな印象と若干のスモーキーさを感じることができます。

このテイスティングレビューから、「サントリー ローヤル」はサントリーのブレンデッドウイスキーの中でも上位クラスに位置する素晴らしいウイスキーであることがわかります。低価格でありながら、芳醇さや華やかさを感じることができるため、コスパも非常に高いです。

「サントリー ローヤル」はシングルモルトの「山崎」と似たウッディで華やかな味わいを持っており、オリエンタルな樽香やスコッチとの違いも感じられます。また、ストレートやお湯割り、水割りなどさまざまな飲み方に対応しており、どのような飲み方でも楽しむことができます。

「サントリー ローヤル」は価格以上の味わいを楽しむことができるウイスキーであり、ジャパニーズウイスキーの味を知りたい人にもおすすめです。鳥井信治郎がウイスキー造りに込めた思いが、現代の私たちにも伝わってくるような味わいを楽しむことができます。

まとめ

「ジャパニーズウイスキー ローヤル」は、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類が販売するブレンデッドウイスキーです。低価格ながら芳醇で華やかな味わいを楽しむことができ、ジャパニーズウイスキーの良さを存分に感じることができます。特に容量660mlの「スリムボトル」はおすすめであり、価格に比してお得になります。芳醇な香り、豊かな味わい、長い余韻を楽しむことができる「サントリー ローヤル」は、高い評価を受けています。これまでのジャパニーズウイスキーの歴史と伝統を感じることができる一品です。ぜひ一度試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次